公共交通政策

アフターコロナに向けた地域交通の「リ・デザイン」有識者検討会

国土交通省では、住民の豊かなくらしの実現に不可欠な存在であるバス・鉄道などの地域交通について、
人口減少やコロナ禍の影響で一層厳しい状況であることも踏まえ、最新のデジタル技術等の実装を進めつつ、
[1]官と民で、[2]交通事業者相互間で、[3]他分野とも、「共創」を推進し、
地域交通を持続可能な形で「リ・デザイン」(刷新・再構築)する方策を検討します。

提言について(令和4年8月26日)

アフターコロナ時代に向けた地域交通の共創に関する研究会(令和3年11月~)

国土交通省は、危機に直面する地域交通について、感染症を契機に人々のくらしをめぐる環境や価値観も大きく変わる中、地域づくりへの寄与など、地域交通の持つ価値や役割を見つめ直すべく、地域の人々のくらしのニーズが反映された多様な関係者の「共創」の実践などに取り組む研究会を設置しました。

研究会特設ホームページはこちら

開催状況

第1回(令和4年3月31日開催)
開催案内 

配布資料 

議事要旨

第2回(令和4年4月18日開催)

開催案内

配布資料

議事要旨


第3回(令和4年5月10日開催)
開催案内
配布資料
議事要旨

第4回(令和4年5月26日開催)
開催案内
配布資料
議事要旨

第5回(令和4年6月7日開催)
開催案内
配付資料
議事要旨

お問い合わせ先

国土交通省総合政策局(公共交通・物流政策部門)牟田・岡本
電話 :(03)5253-8111(内線54808)
直通 :(03)5253-8987  hqt-chiikikotsu.001@mlit.go.jp (国土交通省ではテレワークを励行しています。可能な限りメールでのご連絡をお願いします。)

ページの先頭に戻る