国土計画

新たな国土形成計画(全国計画)(平成27年8月14日閣議決定)

  国土形成計画法(昭和25年法律第205号)に基づき、平成27年8月14日に国土形成計画(全国計画)の変更の閣議決定がなされました。
  本計画は、昨年7月に策定した「国土のグランドデザイン2050」等を踏まえて、急激な人口減少、巨大災害の切迫等、国土に係る状況の大きな変化に対応した、平成27年から概ね10年間の国土づくりの方向性を定めるものです。
  本計画では、国土の基本構想として、それぞれの地域が個性を磨き、異なる個性を持つ各地域が連携することによりイノベーションの創出を促す「対流促進型国土」の形成を図ることとし、この実現のための国土構造として「コンパクト+ネットワーク」の形成を進めることとしています。

日本未来デザインコンテスト

国土形成計画の推進に関する世論調査(平成27年8月調査)

  国土形成計画の推進に関し、内閣府において世論調査が実施され、その調査結果が公表されました。
  本調査は、国土形成計画の推進に関する国民の意識を調査し、今後の施策の参考とするために行われたもので、具体的には、人口減少・高齢化の影響、居住地に求める条件、地域生活・地域づくりのあり方、老後の生活、二地域居住に対する意向、について調査しています。

 「国土形成計画の推進に関する世論調査」の概要 (内閣府作成資料)
 「国土形成計画の推進に関する世論調査」補足説明資料 (国土政策局作成資料)

※ 世論調査は、平成18年度の調査から、調査対象者に調査主体が「内閣府」であることを提示した上で実施されております。
※ 本調査結果の詳細については、内閣府のホームページ(http://survey.gov-online.go.jp/h27/h27-kokudo/index.html)にて入手可能となっております。

(参考)これまでに策定された国土形成計画(全国計画)

お問い合わせ先

国土交通省国土政策局総合計画課総括班
電話 :03-5253-8111(内線29307、29337)
直通 :03-5253-8356

ページの先頭に戻る