国土政策

支援メニュー

広域的地域活性化のための基盤整備に関する法律に基づく交付金(広域連携事業)

 広域的地域活性化のための基盤整備に関する法律に基づき、広域にわたる人や物の流れを活発にすることを通じて、地域を活性化することを目的としています。複数県が連携して広域的地域活性化基盤整備計画を作成し、地域の活性化に必要な基盤整備とソフト事業を効率的に実施する事業に対して、交付金を交付します。
広域的地域活性化のための基盤整備に関する法律に基づく交付金(広域連携事業)

 

災害対策等緊急事業推進費

 自然災害により被災した地域又は重大な交通事故が発生した箇所等において、緊急に再度災害の防止対策又は事故の再発防止対策を実施し、住民及び利用者の安全・安心の確保を図ります。
災害対策等緊急事業推進費

 

離島活性化交付金

 平成25年度から施行された改正離島振興法を踏まえ、離島における地域活性化を推進し、定住の促進を図るために離島活性化交付金を創設しました。海上輸送費の低減や戦略産業の育成による雇用拡大等の定住促進、観光の推進等による交流の拡大促進、安全・安心な定住条件の整備強化等、市町村の創意工夫を活かした取組を支援します。
離島活性化交付金
 

半島・離島・奄美群島における割増償却制度

 半島地域・離島地域又は奄美群島のうち、市町村の長が産業の振興に関する計画を策定する(一定の基準を満たすものに限る。)地区として関係大臣が指定する地区において、個人又は法人が、機械・装置、建物・その附属施設及び構築物の取得等をして対象事業(製造業・旅館業・農林水産物等販売業)の用に供した場合は、5年間の割増償却ができます。
半島・離島・奄美群島における割増償却制度

  • 地理情報システム(GIS)
  • 国会等の移転ホームページ
  • 各国の国土政策の概要
  • 「新しい公共」の考え方による地域づくり
  • 災害対策等緊急事業推進費
  • 集落地域の大きな安心と希望をつなぐ『小さな拠点』づくりガイドブック
  • G空間EXPO2013

ページの先頭に戻る