水資源

水資源開発基本計画(フルプラン)

印刷用ページ

 水資源開発促進法においては、国土交通大臣が、産業の発展や都市人口の増加に伴い広域的な用水対策を実施する必要のある水系を「水資源開発水系」として指定し、その水資源開発水系においては「水資源開発基本計画(通称:フルプラン)」を決定することとしています。

 現在、水資源開発水系として指定されているのは、利根川、荒川、豊川、木曽川、淀川、吉野川、筑後川の7つの水系であり、この全てにおいて水資源開発基本計画を定めています。(なお、利根川及び荒川に限り、2水系を合わせて1つの水資源開発基本計画として定めています。)

 各水資源開発水系においては、それぞれの水資源開発基本計画に基づき総合的な水資源の開発と利用の合理化を進めています。

 水資源開発水系から用水の供給を受ける地域(フルプラン地域)は、国土の約17%の面積に過ぎませんが、人口や産業活動の約5割が集中している地域です。

 

水資源開発水系への指定年月
利根川水系 昭和37年4月
荒川水系 昭和49年12月
豊川水系 平成2年2月
木曽川水系 昭和40年6月
淀川水系 昭和37年4月
吉野川水系 昭和41年11月
筑後川水系 昭和39年10月

フルプランのエリア

水資源開発基本計画(フルプラン)の内容

記載内容

 1. 水の用途別の需要の見通し及び供給の目標
 2. 供給の目標を達成するため必要な施設の建設に関する基本的な事項
 3. その他水資源の総合的な開発及び利用の合理化に関する重要事項

内容については、経済社会状況の変化等を踏まえ、適宜変更を行っています。

水資源開発基本計画(最新の計画本文)
 

利根川水系・荒川水系計画本文(PDF) 最終変更:平成29年4月
豊川水系計画本文(PDF) 最終変更:平成27年12月
木曽川水系計画本文(PDF) 最終変更:平成28年1月
淀川水系計画本文(PDF) 最終変更:平成28年1月
吉野川水系計画本文(PDF) 最終変更:平成14年2月
筑後川水系計画本文(PDF) 最終変更:平成27年12月

国土審議会(水資源開発分科会)における議論の内容

 国土交通大臣が水資源開発基本計画(フルプラン)を決定(変更)するにあたっては、厚生労働大臣、農林水産大臣、経済産業大臣その他関係行政機関の長に協議し、関係都道府県知事及び国土審議会の意見を聴き、閣議決定を経ています。
 国土審議会水資源開発分科会では、水資源開発促進法の規定による「水資源開発水系」「水資源開発基本計画」について調査審議を行っています。また、分科会の下には「利根川・荒川」「豊川」「木曽川」「淀川」「吉野川」「筑後川」の部会が設けられており、それぞれの水系における水資源開発基本計画について調査審議を行っています。

水資源開発基本計画(フルプラン)の点検

点検の目的
 
 全部変更した水系において、概ね5年を目途に計画の達成度について点検を行う。

点検の進め方
  部会における調査・審議を踏まえ、点検結果案を作成する。
  計画の達成度の点検については概ね下記の事項について行う。
   1.需給計画の状況
   2.建設事業の進捗状況と効果
   3.その他重要事項の達成状況
  点検結果については、ホームページにより公表する。

各水系の点検結果
  ◎吉野川水系(平成21年7月公表) 〔部会取りまとめ(PDF)〕 〔中間評価書(PDF)〕 〔吉野川部会の調査・審議
  
  ◎木曽川水系(平成22年9月公表) 〔部会取りまとめ(PDF)〕 〔点検結果(PDF)〕 〔木曽川部会の調査・審議

  ◎筑後川水系(平成23年6月公表) 〔部会取りまとめ(PDF)〕 〔点検結果(PDF)〕 〔筑後川部会の調査・審議

  ◎利根川・荒川水系 〔利根川・荒川部会の調査・審議

  ◎豊川水系 〔豊川部会の調査・審議

  ◎淀川水系 〔淀川部会の調査・審議

お問い合わせ先

国土交通省水管理・国土保全局水資源部水資源計画課
電話 :(03)5253-8111
直通 :03-5253-8387

ページの先頭に戻る