バリアフリー

案内用図記号(JIS Z8210)

 案内用図記号(ピクトグラム)とは、不特定多数の人々が利用する公共交通機関や公共施設、観光施設等において、文字・言語によらず対象物、概念または状態に関する情報を提供する図形です。視力の低下した高齢者や障害のある方、外国人観光客等も理解が容易な情報提供手法として、日本を含め世界中の公共交通機関、観光施設等で広く掲示されています。
 
案内用図記号(JIS Z8210)(PDF版)
○[1]公共・一般施設(PDF版)
○[2]交通施設(PDF版)
○[3]商業施設(PDF版)
○[4]観光・文化・スポーツ施設(PDF版)
○[5]安全(PDF版)
○[6]禁止(PDF版)
○[7]注意(PDF版)
○[8]指示(PDF版)
○[9]災害種別一般、洪水・堤防案内(PDF版)
○[10](参考)ヘルプマーク(PDF版)
旅客施設における誘導サイン・位置サイン・案内サインの表示例(PDF版)
 
  ・案内用図記号のJIS改正(平成29年7月20日)(経済産業省) 
  ・案内用図記号のJIS Z8210(日本規格協会)  
 
 
●(参考)標準案内用図記号((公財)交通エコロジー・モビリティ財団策定)について
 
(公財)交通エコロジー・モビリティ財団においては、案内用図記号(JIS Z8210)に登録されていない項目を含む標準案内用図記号を策定し公表しています。
 
標準案内用図記号((公財)交通エコロジー・モビリティ財団策定) 
 

ページの先頭に戻る