バリアフリー

基本構想

 バリアフリー法において、市町村は、国が定める基本方針に基づき、単独で又は共同して、当該市町村の区域内の旅客施設を中心とする地区や、高齢者、障害者等が利用する施設が集まった地区(重点整備地区)について、移動等円滑化に係る事業の重点的かつ一体的な推進に関する基本的な構想を作成することができるとされています。
 基本構想制度は、施設が集積する地区において、面的・一体的なバリアフリー化を図ることをねらいとしているものです。また、基本構想に基づき面的なバリアフリー化を推進することによって、高齢者、障害者等の移動等の円滑化を通じて、誰もが暮らしやすいまちづくりを進めていくことにつながりますが、さらには、コンパクトシティなどの人口減少時代における都市の在り方に関して、ひとつの重要な視点を具体的に示すことにもつながります。

基本構想の提出手続きはこちら

基本構想の作成状況

 ・基本構想作成等予定調査
 ・基本構想作成件数グラフ
 ・基本構想作成市町村一覧

基本構想の作成方法

 ・基本構想作成ガイドブック
 ・基本構想でまちはこうなる!
 ・あなたのまちのバリアフリー化を提案してみませんか?

基本構想の先進事例

 ・高知県高知市(高知駅周辺地区)
 ・和歌山県高野町(高野山地区)
 ・大阪府豊中市・吹田市(桃山台駅周辺地区)
 ・静岡県静岡市(静岡駅周辺地区)
 ・宮城県仙台市(都心地区)
 ・広島県廿日市市(宮内串戸、阿品、宮島口駅周辺地区)
 ・東京都世田谷区(三軒茶屋駅周辺地区)

ページの先頭に戻る