鉄道

「軌間可変技術評価委員会」の開催結果について

 軌間可変電車(フリーゲージトレイン)については、平成26年10月から開始した耐久走行試験で発生した車軸摩耗等の不具合に対して、平成28年11月の「軌間可変技術評価委員会」で不具合対策の検証結果等が了承され、その後、検証走行試験やコスト削減策の検討を進めてまいりましたが、本日、その結果が「軌間可変技術評価委員会」に報告され、審議のうえ別添のとおり評価されました。

軌間可変技術評価委員会委員(敬称略、委員50音順)

委員長    谷藤  克也  新潟大学 名誉教授

委  員    石田  東生  筑波大学大学院 教授

  〃     大津山 澄明  大阪産業大学 教授

  〃      河村   篤男  横浜国立大学大学院 教授

   〃      古関   隆章   東京大学大学院 教授

  〃     島村  誠    防災科学技術研究所 センター長

  〃     須田  義大  東京大学 教授

  〃     水間  毅    東京大学大学院 特任教授


(参考)
 開催日時:平成29年7月14日(金) 9:30~11:00
 場   所:中央合同庁舎3号館 11階 特別会議室
 議   題:(1)車軸摩耗対策について
         (2)高速走行安定性について
         (3)経済性の検討について
           ・部品再利用に関する検討
           ・コスト削減策を踏まえた経済性の検討
         (4)その他 
 

添付資料

別添資料(PDF形式)PDF形式

 

お問い合わせ先

国土交通省鉄道局技術企画課技術開発室
電話 :03-5253-8111(内線40756、40752)
直通 :03-5253-8547
ファックス :03-5253-1634

ページの先頭に戻る