羽田新経路の固定化回避に係る技術的方策検討会

羽田新経路の固定化回避に係る技術的方策検討会

目的

令和2年3月29日より運用開始した羽田空港の新経路については、関係自治体等から新経路の固定化回避等に関して要望されていること、また、最近の航空管制や航空機の技術革新の進展を踏まえ、現在の滑走路の使い方を前提とした上で、騒音軽減等の観点から見直しが可能な方策がないかについて、技術的観点から検討を行います。

委員

 小林 宏之 航空評論家
 高橋 英昌 NPO法人 AIM-Japan編纂協会 理事長
 辰巳 泰弘 全日本空輸株式会社 フライトオペレーション推進部 部長
 中西 善信 長崎大学経済学部 准教授
 平田 輝満 茨城大学大学院 理工学研究科 都市システム工学領域 准教授
 福島 荘之介 国立研究開発法人 海上・港湾・航空技術研究所 電子航法研究所 航法システム領域長
 松並 孝次 日本航空株式会社 運航基準技術部 部長
◎屋井 鉄雄 東京工業大学環境・社会理工学院 教授


※ ◎は座長

(五十音順、敬称略)

令和3年度の検討内容・取組状況(第4回)

検討内容

第4回検討会においては、令和2年度の検討内容を踏まえ、羽田空港への導入に必要な取組の実施に要する期間が比較的短く、かつ、騒音軽減効果が高いと考えられる飛行方式として、2つの方式を選定しました。

選定した飛行方式
 

また、出発経路の騒音軽減方策を整理しました。

出発経路の騒音軽減方策を整理しました

今後の取組

選定した飛行方式の羽田空港への導入に向けて、安全性評価や基準策定などの具体的な取組を実施していきます。

また、実際の運用実績などを踏まえ、最適な出発経路の騒音軽減方策の選定に向けた具体的な検証を実施していきます。

令和2年度の検討内容(第1回~第3回)

令和2年度(2020年度)は、新飛行経路の固定化回避に向け、最新の技術を活用した飛行方式の洗い出し、対応可能な航空機などの論点の整理、参考となる海外空港事例の調査を行ってまいりました。第3回検討会(2021年3月17日)においては、様々な飛行方式のメリット・デメリットを整理の上、羽田空港への導入可能性がある6つの飛行方式に絞り込み、羽田空港に導入する場合の課題の整理を行いました。

検討を行っている飛行方式
海外空港における騒音軽減方策の事例を調査しました