バリアフリー

心のバリアフリー

バリアフリー教室

  高齢者、障害者等が安心に日常生活や社会生活が出来るようにするためには、施設整備(ハード面)だけではなく、高齢者、障害者等の困難を自らの問題として認識し、
心のバリアを取り除き、その社会参加に積極的に協力する「心のバリアフリー」が重要です。
このため、国土交通省では、地方運輸局の主催により、全国各都市において「バリアフリー教室」を開催し、擬似体験、介助体験、バリアフリー化された施設の体験等をしていただく場を提供しております。
また、地域では、学校、地方公共団体、NPO、ボランティア団体、障害者団体、福祉施設など多様な主体が、お互いに連携しながら同様の取り組みを行っています。
国土交通省では、このような活動に対して、情報提供等の支援を行っております。

トイレの利用マナー啓発のための取組について

一般トイレを利用できる方が、多機能トイレを利用すること等により、トイレの様々な設備や機能を真に必要とする方が必要な時に利用できないというお困りの声が寄せられています。ハード整備と合わせ「心のバリアフリー」を推進する取組の1つとして、国土交通省では、ポスター及びチラシを作成し、トイレの利用マナー啓発の取組を行っています。

ポスター/チラシ(表面)はこちら(PDF)     JPGはこちら

チラシ(裏面)はこちら(PDF)     JPGはこちら
        ・掲示箇所等のサイズに合わせ、サイズの変更により適宜ご活用ください。(デザインの変更は不可) 


※多様な利用者に配慮したトイレの整備方策に関する調査研究(平成23年度実施)
  多機能トイレの利用実態を調査し、今後のトイレ整備の方向性についてとりまとめるとともに、パンフレットを作成しました。

報告書はこちら

障害者等用駐車区画の適正利用の促進

  多くの人が利用する駐車場の障害者等用駐車スペースに障害のない人が駐車しているために、障害のある人が駐車できない問題が発生しています。また、車の乗降に広いスペースが必要な車椅子使用者や他の障害者、高齢者等がともに利用しやすい駐車場の整備が求められています。
  このため、国土交通省では、障害者等用駐車場の適正利用に係るニーズや課題、具体的取り組み方策等の調査を踏まえ、報告書を取りまとめるとともに、駐車場の運営管理者や地方公共団体に参考としていただくため、不適正な駐車を防止するための取組や障害のある人が駐車場をより円滑に利用できるような取組みを紹介するパンフレット及び事例集、ポスター及びチラシを作成しました。

平成30年度検討会
平成29年度検討会
平成22年度検討会

パンフレットはこちら
事例集はこちら
ポスターはこちら(PDF (JPEG)
チラシ(両面)はこちら (PDF)
チラシはこちら(表面) (JPEG)
チラシはこちら(裏面) (JPEG)
 

座席の利用マナー向上のための取組について

 「心のバリアフリー」の取組の1つとして、鉄道・バスの座席の利用について真に必要な方が優先的に使用が出来るよう、国土交通省では、ポスターを作成し、座席の利用マナー向上の取組を行っています。

移動等円滑化に係る「心のバリアフリー」に関するアンケート調査

 国土交通省では、東京、大阪、ロンドン、ニューヨークにおいて、通学や通勤等の手段としてメインで公共交通機関を利用している18歳~69歳の方を対象に、移動等円滑化に係る「心のバリアフリー」について、インターネットによるアンケート調査を実施しました。
 
 
結果報告書はこちら
 

ユニバーサルデザインタクシーの利用実態調査

 ユニバーサルデザインタクシーの導入車両数は、着実に増加しているものの、車椅子使用者等の利用に際し、スロープ板の操作などの課題が指摘されています。
 このため、国土交通省では、今後のソフト対策の参考として、2020年2月にUDタクシーを有するタクシー会社のドライバーに対し、車椅子使用者等の利用実態等についてアンケート調査を実施しました。
 
報告書はこちら

 

ページの先頭に戻る