建設産業・不動産業

専門工事企業の施工能力等の見える化評価制度について

 建設業は、他産業と比較して高齢者が多い産業構造となっており、近い将来、高齢者の大量引退が見込まれることから、将来の建設業を支える担い手の確保が喫緊の課題となっています。  
 これまで国土交通省においては、建設業における担い手の確保を図るため、適切な賃金水準の確保や社会保険加入対策、働き方改革の推進等の取組を進めてきたところですが、これらの取組に加え、業界を挙げて、更なる処遇改善に向けた取組を進める必要があります。  
 こうした中、平成31年4月から、建設キャリアアップシステムの本運用が開始され、これまで客観的な把握・可視化が困難であった建設技能者一人ひとりの経験や技能について、業界横断的かつ業界統一のルールで把握するとともに、建設業全体として客観的に評価する仕組みを構築することにより、人を大切にし、専門工事企業が施工能力等に応じて適正に評価され、選ばれる環境の整備を図るとともに、建設業界に対する安心感を醸成するための仕組みの構築を図ることで、建設技能者の処遇を改善し、もって建設業の担い手を確保することを目的とした専門工事企業の施工能力等の見える化評価制度を行います。
 具体的には、専門工事企業の施工能力等の見える化評価制度に関する告示(令和2年国土交通省告示第498号)を始め、専門工事企業の施工能力等の見える化評価制度の適正かつ円滑な実施を図るため、専門工事企業の施工能力等の見える化評価制度に関するガイドラインを策定しました。  
 今後、これらに沿って、職種毎の見える化評価基準が策定され、専門工事企業に対して4段階の評価が付与されることとなります。

 ○専門工事企業の施工能力等の見える化評価制度に関する告示(令和2年国土交通省告示第498号)
 ○専門工事企業の施工能力等の見える化評価制度に関するガイドライン

○職種別の見える化評価基準

基礎ぐい  切断穿孔  機械土工  建築大工(工務店)  鉄筋  とび・土工

お問い合わせ先

国土交通省土地・建設産業局建設市場整備課専門工事業・建設関連業振興室
電話 :03-5253-8111
直通 :03-5253-8282

ページの先頭に戻る