建設産業・不動産業

CM方式(ピュア型)の制度的枠組みに関する検討会

 公共事業の発注者である地方公共団体では、土木・建築職員が減少し、特に小規模な地方公共団体では、今後、発注体制が十分に確保できなくなるおそれがあり、CM(※1)方式等へのニーズが高まっています。一方で、CM方式には、実施要領や選定基準等について制度的な位置づけがなく、その普及が進まない一因となっていました。
 国土交通省では、「CM方式(ピュア型(※2))」に焦点をあて、特に小規模な地方公共団体を想定した公共発注者が利用しやすい仕組みの創設に向けて、CM方式に精通している学識経験者や実務者の協力を得ながら、具体的な事例を分析して抽出された論点を基に制度設計について検討する「CM方式(ピュア型)の制度的枠組みに関する検討会」を開催しております。
 ※1 CM=Construction Managementの略。建設プロジェクトにあたり、設計・発注・施工の各段階
     において、コンストラクションマネージャーが技術的な中立性を保ちつつ、発注者の業務を
     補助する契約方式
 ※2 コンストラクションマネージャーが施工に関するリスクを負わずマネジメント業務を行う方式

■検討会のスケジュール
 平成31年3月までに計5回開催を予定しています。
  第1回:平成30年 9月27日(木)
  第2回:平成30年11月12日(月)
  第3回:平成30年12月19日(水)
  第4回:平成31年 2月
  第5回:平成31年 3月

■委員名簿・規約
 ・委員名簿
 ・規   約

■配付資料
 【第1回】
 ・議事次第
 ・配 席 図
 ・資 料 1
 ・資 料 2
 ・資 料 3
 ・資 料 4
 ・参考資料1
 ・参考資料2
 ・議事概要

【第2回】
 ・議事次第
 ・配 席 図
 ・資 料 1
 ・資 料 2
 ・資 料 3
 ・資 料 4
 ・参考資料
 ・議事概要

【第3回】
 ・議事次第
 ・配 席 図
 ・資 料 1
 ・資 料 2
 ・資 料 3
 ・資 料 4
 ・資 料 5
 ・資 料 6
 ・参考資料1
 ・参考資料2

ページの先頭に戻る