自動車

軽井沢スキーバス事故を受けた対策について

 平成28年1月15日(金)午前1時55分頃、長野県軽井沢町の国道18号線碓氷バイパス入山峠付近において、貸切バス(乗員乗客41名)が反対車線を越えて、道路右側に転落、乗員乗客15名(乗客13名・乗員2名)が死亡、乗客26名が重軽傷(骨折等の重傷17名・軽傷9名)を負う重大な事故が発生しました。
 国土交通省では、事故直後より国土交通大臣を本部長とする対策本部を設置し、特別監査の実施など、緊急に対応するとともに、二度とこのような悲惨な事故を起こさないよう、徹底的な再発防止策について検討するため、有識者からなる「軽井沢スキーバス事故対策検討委員会」を設置しました。
 

2.軽井沢スキーバス事故対策検討委員会について

[1]検討委員会について

[2]検討委員会開催状況

 

お問い合わせ先

国土交通省自動車局安全政策課
電話 :03-5253-8111
直通 :03-5253-8566
ファックス :03-5253-1636

ページの先頭に戻る