住宅

住宅建設資材に係る需給状況の緊急調査について(第2回)

次のとおり、住宅建設資材に係る需給状況の緊急調査を実施しました。

1.目的

 住宅建設資材に関する生産拠点の損壊、物流の停滞、計画停電の影響、応急仮設住宅対応による需要の増加等による住宅建設資材の需給状況への影響について、3月24日から31日まで林野庁、経済産業省、国土交通省、環境省が連携してアンケートによる調査を行ったところであるが、その後の状況についてフォローアップを行い、住宅建設資材の需給状況を把握する。

2.調査の概要

(1)調査対象者
   住宅供給関連団体、住宅建設資材生産団体、住宅建設資材流通団体、木材関連団体等

(2)調査対象資材
   ・合板
   ・パーティクルボード
     ・MDF
     ・断熱材
     ・外装材(窯業系)
     ・サッシ
     ・複層ガラス
     ・鋼材
     ・キッチン
     ・洗面化粧台
     ・バスユニット
     ・給湯設備機器
     ・浄化槽
     ・排水トラップ
     ・電気配線
     ・塩ビ管

(3)調査項目
  ・平時の需要量と震災後の需要量の比較
  ・平時の供給量と震災後の供給量の比較
  ・供給の回復時期等の見通し

お問い合わせ先

国土交通省住宅局住宅生産課木造振興室
電話 :03-5253-8111(内線39-422)

ページの先頭に戻る