ホーム >> 水管理・国土保全トップ >> 環境 >> 水辺とまちの未来創造プロジェクト

水管理・国土保全局

環境

水辺とまちの未来創造プロジェクトの取組 〜水辺とまちのソーシャルデザイン〜


 世界の大都市では、都市を代表する河川と周辺のまち並みが一体となった美しく風格のある空間を形成してきた。
度重なる豪雨等による災害を契機に防災・減災対策や老朽化対策の重要性が再認識されており、これらを水辺とまちのあり方を変えるまたとないチャンスと捉え、水辺とまちの未来のかたちをデザインし、「つくる」だけでなく「育てる」ことを視野に入れた持続可能な未来の創造に貢献するため、水辺とまちの未来創造プロジェクトを推進する。


セーヌ川(フランス) 統一のコンセプトでの整備
[セーヌ川(フランス)]
江戸期の日本橋川
かつては、我が国でも地域の代表的な顔として美しい風景を形成
[江戸期の日本橋川]
神田川(東京都)
高度経済成長期を経て、建物が河川に背を向けてしまった現状
道頓堀川の湊町リバープレイス(大阪府)
民間の再開発などによる水辺での商業利用
[道頓堀川の湊町リバープレイス(大阪府)]
品格のある水辺
[プリンス運河(オランダ)]
プリンス運河(オランダ)


<水辺とまちの未来創造プロジェクトの3つのコンセプト>


  •  @まちにある川や水辺空間の賢い利用
  •  A民間企業等の民間活力の積極的な参画
  •  B市民や企業を巻き込んだソーシャルデザイン

日本橋川(東京都)
日本橋川(東京都)
道頓堀川(大阪市)
道頓堀川(大阪市)
京橋川(広島県)
京橋川(広島県)


<水辺とまちの未来創造プロジェクトの推進に向けた取組>



「水辺楽しみスポット」の情報募集

 〜あなたのおすすめ「水辺楽しみスポット」を共有させてください〜
 賑わいと活力のある水辺の創造を目指す「ミズベリング・プロジェクト」の一環として、「水辺楽しみスポット」の情報募集を行います。

現在の応募状況 全国の「水辺楽しみスポット」はコチラ NEW
  「水辺楽しみスポット」の情報募集

「全国の水辺自慢写真集」の募集・公表

 平成25年9月12日から平成26年7月14日までにご応募頂きました写真を公開しています。

  「全国の水辺自慢写真集」〜水辺とまちの未来創造プロジェクト〜

◇ 水辺とまちのソーシャルデザイン懇談会

 水辺とまちの未来創造に向けたメッセージを発信するため、各界の有識者等からなる懇談会を設置。 船内での懇談会の様子
第1回懇談会を船内で開催
〜主なメンバー構成〜
学識者、金融・不動産・飲食店関係者、
編集者、河川利用者、地方公共団体等
第1回懇談会を
船内で開催

開催日
開催案内
配付資料
議事概要
第1回 [平成25年12月27日開催] 第1回開催案内 第1回配付資料(1)
第1回配付資料(2)
第1回議事概要
第2回 [平成26年 1月16日開催] 第2回開催案内 第2回配付資料(1)
第2回配付資料(2)
第2回配付資料(3)
第2回議事概要
第3回 [平成26年 2月 7日開催] 第3回開催案内 第3回配付資料(1)
第3回配付資料(2)
第3回議事概要
第4回 [平成26年 2月27日開催] 第4回開催案内
第4回配付資料 第4回議事概要
第5回 [平成26年11月17日開催] 第5回開催案内
第5回配付資料 第5回議事概要
第6回 [平成27年 2月17日開催] 第6回開催案内
第6回配付資料(1)
第6回配付資料(2)
第7回 [平成28年 1月25日開催] 第7回開催案内
第7回配付資料 第7回開催概要

[水辺とまちの未来創造メッセージ]〜ここから水辺の未来が動き出す〜

 ・水辺とまちの未来創造メッセージ(1/2)
 ・水辺とまちの未来創造メッセージ(2/2)

ここから水辺の未来が動き出す 〜水辺とまちの未来創造メッセージ〜(1/2)
ここから水辺の未来が動き出す 〜水辺とまちの未来創造メッセージ〜(2/2)

◇ モデルプロジェクトの推進

 社会の関心を全国的に高め、様々な立場からの参画を得るための取組を展開。

◇ 各種プロモーションの実施

 これまでに東京・隅田川、大阪・大川等で整備されてきた水辺を「育てる」ための取組を展開。


  → ミズベリング、はじめよう。   http://mizbering.jp/NEW

Copyright© 2007 MLIT Japan. All Rights Reserved.

国土交通省 〒100-8918 東京都千代田区霞が関2-1-3

アクセス・地図(代表電話)03-5253-8111