イベント情報など
  • 事務系
  • 技術系
  • 大卒程度
  • 高卒程度
総合職 (技術系) インターンシップ
説明会/インターンシップ
メールマガジン
官庁訪問
キャリアパス/研修制度
よくある質問

国土交通省では、大学等に在籍する技術系の学生を対象として、学習意欲を喚起し、高い職業意識を育成するとともに、国土交通行政に対する理解の増進に資するために、就業体験実習(インターンシップ)を行っています。
2019年度の実施概要は以下のとおりです。
詳細は、各実施機関にお問い合わせください。
※実習希望者多数の場合は、受け入れられない場合があります。
※採用選考活動とは一切関係ありません。

国土交通省本省

●社会資本整備関係

受け入れ条件 ○大学生又は大学院生で、国家公務員総合職技術系(社会資本整備関係)に関心のある方
○交通費・旅費・食費等の諸手当は支給しません。
○本インターンシップは別添の実施要領に基づき実施します。
 参加者決定後、教育機関と覚書を締結の上、参加者より誓約書を提出していただきます。
専門 土木、建築、機械、電気、材料工学、農業農村工学、林学又は砂防 等
※上記以外の分野を専攻されている方については、問い合わせ先まで個別にご相談ください。
(参考:国土交通省総合職技術系の業務分野)
http://www.mlit.go.jp/saiyojoho/introduction/synthesis_tech.html
研修内容 ○国土交通行政の概要を学んで頂いた後、
 社会資本整備関係の課題等についてグループワーク及び各施策を実際に担当している部局を訪問し、
 担当職員との意見交換をしていただきます。
○関東近郊において現地視察を行う予定です。
○最終日には、グループワークを通じて政策提言を発表していただき、
 学生同士や職員との意見交換を行う予定です。
研修期間 2019年8月19日(月)~23日(金)の5日間
※原則として9:30~18:15
派遣先 東京都千代田区霞が関2-1-3 国土交通省
※現地視察時は霞が関以外の地域で活動
定員 ○40名程度
○応募書類を厳正に審査の上、参加者を決定いたします。選考結果については、応募者全員に対して7月26日(金)までに通知する予定です。
申込期間 2019年5月20日(月)~7月19日(金)
問い合わせ・申込先 <問い合わせ>
 国土交通省大臣官房技術調査課 酒匂・松岡
 Tel:03-5253-8219(直通)
<申込先>
 教育機関の窓口を通じて、志望理由等を記載した応募書類(実習生調査票、推薦書)
 を国土交通省技術系採用本部までメールで送付してください。
<宛先:hqt-engineer(a)ml.mlit.go.jp>
 ※送付の際は、(a)を@に直して下さい。
HP、関連資料等 実施要領
実習生調査票
推薦書
覚書
誓約書

●自動車局(機械・電気系)

受け入れ条件 ○本邦に所在する大学又は大学院に在籍する学生
○参加経費(交通費、滞在費、食事代、保険料等)については原則参加者各自で負担
専門 機械、電気
※上記以外の分野を専攻されている方については、問い合わせ先まで個別にご相談ください。
(参考:対応する業務分野)
自動車の安全・環境対策及び技術開発関係
研修内容 ○自動車局の主要政策について職員からレクチャーを行うほか、施設見学等を通じて、自動車技術政策に関する提言をまとめていただく。
研修期間 2019年8月26日(月)~30日(金)の5日間
派遣先 東京都千代田区霞が関2-1-3 国土交通省自動車局
※施設見学時は上記以外で活動
定員 ○数名程度
申込期間 2019年7月12日(金)まで
問い合わせ・申込先  国土交通省自動車局技術政策課
 課長補佐 髙井 03-5253-8111(内線:42202)
 係長   池田 03-5253-8111(内線:42255)
HP、関連資料等 令和元年度自動車局インターン概要
申込書

●海事局

受け入れ条件 ○本邦に所在する大学又は大学院に在籍する学生
○参加経費(交通費、滞在費、食事代、保険料等)については原則参加者各自で負担
専門 船舶工学、機械、システム、電気電子情報
※上記以外の分野を専攻されている方については、問い合わせ先まで個別にご相談ください。
(参考:対応する業務分野)
船舶安全・環境対策及び技術開発・海事産業政策
研修内容 ○海事技術行政(船舶の安全・環境政策や関連する産業・イノベーション政策)に係る国土交通省における業務の実習、海上保安庁における船舶工務の実習、研究施設や造船所の見学 等
研修期間 2019年8月21日(水)午後~8月30日(金)の8日間
派遣先 東京都千代田区霞が関2-1-3 国土交通省海事局関係各課 等
定員 ○数名程度
申込期間 2019年7月17日(水)まで
問い合わせ・申込先  国土交通省海事局海洋・環境政策課海洋開発戦略室
 課長補佐 濱中 03-5253-8111(内線:43924)hamanaka-i2qh(a)mlit.go.jp
 ※送付の際は、(a)を@に直して下さい。
HP、関連資料等 令和元年海事技術行政インターンシップのご案内
実習受付カード
国土交通省海事技術行政インターンシップ実施要領

●航空局(機械・電気系)

受け入れ条件 ○本邦に所在する大学又は大学院に在籍する学生
○参加経費(交通費、滞在費、食事代、保険料等)については原則参加者各自で負担
専門 機械、電気
(参考:対応する業務分野)
航空機の安全・環境対策及び技術開発関係
研修内容 ○オリエンテーション
○航空技術行政実務研修
○外部施設見学
研修期間 2019年8月19日(月)~8月23日(金)の5日間程度(平日のみ)
派遣先 東京都千代田区霞が関2-1-3 国土交通省航空局
※施設見学時は霞が関以外の地域で活動
定員 ○3~5名
申込期間 2019年7月16日(火)まで
問い合わせ・申込先  国土交通省航空局安全部航空機安全課
 課長補佐 大井 03-5253-8111(内線:50202)
 技術係  榊原 03-5253-8111(内線:50205)
 E-mail  hqt-kouku-internship(a)ml.mlit.go.jp
 ※送付の際は、(a)を@に直して下さい。
HP、関連資料等 令和元年度夏期インターンシップの開催について
申込書

地方支分部局

●北海道開発局

受け入れ条件 ○大学院生、大学生、高専生、北海道内の専門学校生、高校生のうち、所属する学校の推薦を受けた者
○実家・下宿等から通勤可能な者(通勤手当・報酬等は無)
専門分野 土木、農業土木、電気、営繕、機械
研修内容 河川、道路、港湾、農業農村整備、電気通信、機械、営繕事業等における調査、計画、現場等各業務の補助として実習を行う。
研修期間 2019年7月中旬~9月下旬までのうち、1~3週間程度
派遣先 北海道開発局管内事務所等約70箇所程度
定員 120名程度
申込期間 ○2019年5月27日(月)~6月21日(金)(高校生を除く)
○2019年5月27日(月)~9月30日(月)(高校生)
※申込期間終了後については、下記まで問合せをお願いします。
問い合わせ・申込先 北海道開発局 事業振興部 技術管理課 開発専門官
Tel:011-709-2311(内線5650)
※インターンシップの申込、手続き等については
 学生個人ではなく学校機関を窓口として行っています。
HP http://www.hkd.mlit.go.jp/ky/jg/gijyutu/ud49g70000008nj4.html

●東北地方整備局

受け入れ条件 ○大学院生、大学生、高専生のうち、所属する学校の推薦を受けた者
○実家・下宿等から通勤可能な者(通勤手当・報酬等は無)
専門分野 土木、建築、電気・電子・情報、機械、建築、物理、化学、農学、農業農村工学、林学 等
研修内容 河川、道路、港湾事業等に関わる点検、調査、設計、解析、管理 等
研修期間 2019年7月下旬~9月下旬までのうち、1~2週間程度
派遣先 東北地方整備局管内(東北6県)の40事務所及び本局
定員 70名程度(各事務所1~6名)
申込期間 2019年5月20日(月)~6月14日(金)
問い合わせ・申込先 東北地方整備局 企画部 企画課 教習係
Tel:022-225-2171
E-mail:thr-kyousyuu(a)mlit.go.jp
※インターンシップの申込、手続き等については
 学生個人ではなく学校機関を窓口として行っています。
※送付の際は、(a)を@に直してください。
HP http://www.thr.mlit.go.jp/Bumon/B00097/K00360/recruit/top/internship.html

●関東地方整備局

受け入れ条件 ○大学院生、大学生、高専生、高校生のうち、所属する学校の推薦を受けた者
○実家・下宿等から通勤可能な者(通勤手当・報酬等は無)
専門分野 土木、建築、電気、機械 等
研修内容 河川、道路、公園、営繕、港湾事業等に関わる点検、計画、調査、設計、解析、管理 等
研修期間 2019年7~9月のうち、1~2週間程度
派遣先 関東地方整備局管内事務所等 39箇所
定員 約80名(各事務所等1~2名程度)
申込期間 2019年4月26日(金)~5月24日(金)
問い合わせ・申込先 関東地方整備局 企画部 企画課 総務係
Tel:048-600-1329(内線3161)
※インターンシップの申込、手続き等については
 学生個人ではなく学校機関を窓口として行っています。
HP http://www.ktr.mlit.go.jp/soshiki/soshiki00000056.html

●北陸地方整備局

受け入れ条件 ○大学院生、大学生、高専生、高校生のうち、所属する学校の推薦を受けた者
○実家・下宿等から通勤可能な者(通勤手当・報酬は無)
専門分野 土木、農業土木、電気、機械、建築 等
研修内容 河川、道路、港湾、公園、営繕、に関わる調査、計画、設計、管理及び現場実務 等
研修期間 2019年7月上旬~9月下旬のうち、1~2週間程度
(上記期間外の実施については、お問い合わせください。)
派遣先 北陸地方整備局管内の事務所等27箇所
定員 46名程度(各事務所1~2名)
申込期間 2019年5月7日(火)~6月7日(金)
問い合わせ・申込先 北陸地方整備局 企画部 企画課 企画第一係
Tel:025-280-8880(内線3166・3167)
※インターンシップの申込、手続き等については
 学生個人ではなく学校機関を窓口として行っています。
HP http://www.hrr.mlit.go.jp/nyusho/internship/R1/index.html

●中部地方整備局

受け入れ条件 ○大学院生、大学生、高専生、高校生のうち、所属する学校の推薦を受けた者
○実家・下宿等から通勤可能な者(通勤手当・報酬等は無)
専門分野 土木、建築、機械、電気
研修内容 河川、道路、営繕、港湾事業等に関わる調査、計画、現場 等
研修期間 2019年7月1日(月)~9月27日(金)のうち、1週間~2週間程度
派遣先 中部地方整備局管内事務所等 31箇所
定員 80名程度
(各事務所等で受入人数が異なるため、調整により受入できないこともあります)
申込期間 2019年6月4日(火)まで
※上記期間外については、下記まで問い合わせください。
問い合わせ・申込先 中部地方整備局 企画部 企画課 企画第一係(担当:寺田、元永)
Tel:052-953-8127(内線3166・3167)
※インターンシップの申込、手続き等については
 学生個人ではなく学校機関を窓口として行っています。
HP http://www.cbr.mlit.go.jp/useful_info/internship/index.htm

●近畿地方整備局

受け入れ条件 ○大学院生、大学生、高専生、高校生のうち、所属する学校の推薦を受けた者
○実家・下宿等から通勤可能なもの(一切の手当・報酬は無)
専門分野 土木、電気、機械、造園
研修内容 河川、道路、営繕、港湾、公園事業の計画・設計・管理等に関する内容
研修期間 2019年7~9月のうち、5~10日間程度(実研修日数)
派遣先 近畿地方整備局管内の事務所約30箇所
定員 60名程度(各事務所1~5名)
申込期間 2019年5月31日(金)まで
問い合わせ・申込先 近畿地方整備局 企画部 企画課 企画第二係
Tel:06-6942-1141(内線3191)
※インターンシップの申込、手続き等については
 学生個人ではなく学校機関を窓口として行っています。
HP https://www.kkr.mlit.go.jp/plan/ippan/intern/index.html

●中国地方整備局

受け入れ条件 ○高等専門学校生、大学生のうち、所属する学校の推薦を受けた者
○実家・下宿等から通勤可能な者(通勤手当・報酬等は無)
専門分野 土木、農業土木、電気、機械、建築 等
研修内容 河川、道路、港湾事業の計画・設計・管理等に関する内容
研修期間 2019年8~9月のうち、1~3週間程度
派遣先 中国地方整備局管内事務所(鳥取、島根、岡山、広島、山口各県)
定員 各事務所1~3名程度(40名程度)
申込期間 2019年5月中旬~6月上旬
問い合わせ・申込先 中国地方整備局 企画部 企画課 教習係
Tel:082-221-9231(代表)
E-mail:recruit(a)cgr.mlit.go.jp
※送付の際は、(a)を@に直してください。
※インターンシップの申込、手続き等については
 学生個人ではなく学校機関を窓口として行っています。
HP なし

●四国地方整備局

受け入れ条件 ○大学院生、大学生、高専生、高校生のうち、所属する学校の推薦を受けた者
○実家・下宿等から通勤可能な者(通勤手当・報酬等は無)
専門分野 土木、建築、機械、電気 等
研修内容 河川、道路、港湾、営繕事業の計画・設計・管理等に関する内容
研修期間 2019年7月上旬~9月上旬のうち、1~2週間程度
1週間未満を希望される場合は、下記までお問い合わせください。
派遣先 四国地方整備局管内事務所(20事務所)及び本局
定員 20名程度(各事務所1~2名程度)
※定員は各事務所受け入れ体制により決定しています。
申込期間 2019年6月5日(水)まで
問い合わせ・申込先 四国地方整備局企画部 企画課 施策分析評価係
Tel:087-811-8308(直通)
E-mail:skr-shikokuchisei(a)mlit.go.jp
※送付の際は、(a)を@に直してください。
※インターンシップの申込、手続き等については
 学生個人ではなく学校機関を窓口として行っています。
HP なし

●九州地方整備局

受け入れ条件 ○大学生・高専生等のうち、所属する学校の推薦を受けた者
○実家・下宿等から通勤可能な者(通勤手当・報酬等は無)
専門分野 土木、農業土木、建築、農学、林学、機械、電気 等
研修内容 河川、道路、港湾空港、公園事業、営繕業務の計画、設計、管理等に関する内容
研修期間 主に7~9月までのうち、1~2週間程度
派遣先 九州地方整備局管内事務所(42事務所)
定員 各事務所1~4名程度(合計100名程度)
申込期間 2019年5月13日(月)~6月14日(金)
問い合わせ・申込先 九州地方整備局 企画部 企画課 企画第一係
Tel:092-471-6331(内線3166・3331・3332)
※インターンシップの申込、手続き等については
 学生個人ではなく学校機関を窓口として行っています。
HP http://www.mlit.go.jp/saiyojoho/internship/synthesis_tech.html
                        

●キャンプ砂防

                                  
受け入れ条件 大学又は大学院(以下「大学等」という。)に在籍しており、
かつ砂防を専攻、あるいは砂防に関心を持つ学生のうち、担当教官が推薦する者。
専門分野 土木、林学、砂防
研修内容 国土交通省の砂防関係機関における砂防調査・工事の現場体験・実習や中山間地域での生活体験
研修期間 2019年8月初旬から9月初旬までの連続する5日間程度
派遣先 「キャンプ砂防」を実施する各地方整備局の事務所及び北海道開発局の開発建設部
定員 受入各機関3名~5人程度
申込期間 2019年4月22(月) ~ 6月21日(金)
問い合わせ・申込先 ○「キャンプ砂防」の申込に関する問合せ先
NPO法人 土砂災害防止広報センター(運営担当)
 担当:山本・荻野
 電話:03-5614-1114、FAX:03-5614-1109
 E-mail:camp-sabo(a)sabopc.or.jp
 ※送付の際は、(a)を@に直してください。
○「キャンプ砂防」の趣旨、内容に関する問い合わせ先
キャンプ砂防運営委員会事務局(国土交通省砂防部砂防計画課)
 担当:影山
 電話:03-5253-8111(代表)、FAX:03-5253-1610
 E-mail:kageyama-d87ne(a)mlit.go.jp
 ※送付の際は、(a)を@に直してください。
HP http://www.sabopc.or.jp/camp-sabo2019/

施設等機関/特別の機関

●国土技術政策総合研究所(つくば庁舎)

受け入れ条件 ◯大学院生、大学生、高専生のうち、所属する学校の推薦を受けた者
◯実家・下宿等から通勤可能な者(通勤手当・報酬等は無)
専門分野 土木、建築
研修内容 社会資本・住宅に関する研究の補助
研修期間 2019年7~9月のうち、1~2週間程度
派遣先 所内各研究室(受入可能研究室)
定員 10~15名程度
申込期間 2019年5月20日(月)~6月14日(金)
問い合わせ・申込先 国土技術政策総合研究所 企画部 企画課 調整係(担当:田崎)
Tel:029-864-4283(直通)
※インターンシップの申込、手続き等については
 学生個人ではなく学校機関を窓口として行っています。
HP http://www.nilim.go.jp/lab/bcg/saiyou.html

●国土技術政策総合研究所(横須賀庁舎)

受け入れ条件 ○大学院生、大学生、高専生のうち、所属する学校の推薦を受けた者
○実家・下宿・当研究所宿泊施設等から通勤可能な者
 (通勤手当・報酬等は無。当研究所宿泊施設の利用には、施設利用料及び雑費が必要)
専門分野 土木
研修内容 港湾、空港、沿岸域の開発・利用・保全に関する研究の補助
研修期間 2019年7月末~8月末のうち、2~3週間程度
派遣先 所内各研究室(受入可能研究室)
定員 特に設けていないが、例年3~4名を受入
申込期間 2019年5月~6月28日(金)
問い合わせ・申込先 国土技術政策総合研究所 管理調整部 国際業務研究室 研修企画係
Tel:046-834-9584(直通)
※インターンシップの申込、手続き等については
 学生個人ではなく学校機関を窓口として行っています。
HP http://www.ysk.nilim.go.jp/kensyu/index.html

●国土地理院

受け入れ条件 ○大学院生、大学生、短期大学生、高等専門学校生(4年生~5年生)のうち、所属する学校の推薦を受けた者
○参加経費(交通費、滞在費、食事代、保険料等)については参加者各自で負担
専門分野 数学、物理、地球科学、情報工学、電気電子情報、土木、資源工学、農業土木、林学、地理学 等
研修内容 測量、地図、地殻変動、地理調査、地理空間情報の整備・活用等に関する業務
(詳細は下記ホームページを確認)
                                
研修期間 2019年7~9月のうち、1~4週間程度(多くが1~2週間。実習内容により異なります。)
派遣先 国土地理院本院(茨城県つくば市)及び北海道・東北・関東・北陸・中部・近畿・中国・四国・九州・沖縄の各地方測量部・支所
定員 45名程度(各実習1~5名)
申込期間 2019年6月7日(金)まで
問い合わせ・申込先 国土地理院 企画部 企画調整課(担当:荒井)
Tel:029-864-1111(内線3142)
※インターンシップの申込、手続き等については
 学生個人ではなく学校機関を窓口として行っています。
HP http://www.gsi.go.jp/GSI/RECRUIT/2019internship.html