鉄道

「鉄道の日」について

テッピー&テッピーナをよろしく!

  明治5年(1872年)10月14日新橋~横浜間に日本で最初の鉄道が開業したことを受け、それから122年後の平成6年、その誕生と発展を記念し、毎年10月14日を「鉄道の日」と定めました。
 鉄道が国民に広く愛され、その役割についての理解と関心がより深まることを願い、鉄道事業者、関係団体、国などが「鉄道の日」実行委員会を組織し、毎年多彩な行事を全国各地で実施しております。

平成27年の関連行事はこちら

 

第22回鉄道フェスティバル

<第22回鉄道フェスティバルの概要>

 ◆期間:平成27年10月10日(土)~11日(日)入場無料
 ◆場所:日比谷公園・大噴水広場周辺



 園内には鉄道事業者、関連団体、協賛会社等が出展ブースを設け、
オリジナルグッズの販売や展示を行ったほか、子供達に大人気の
キャラクターショーやミニSL乗車会、ファミリーゲーム大会など
楽しい企画が盛り沢山。
 家族みんなで楽しめる参加型のイベントを開催しました。


*ご来場ありがとうございました。フェスティバルの様子はこちらです。

「鉄道の日」の取組みについて


日本鉄道賞   ←ここをクリック!

 「日本鉄道賞」は、「鉄道の日」創設の趣旨である鉄道に対する国民の理解と関心を深め、国民の強力な支持を得るとともに、鉄道の一層の発展を期することを目的として、平成14年に創設された表彰制度です。



鉄道のある風景写真コンテスト   ←ここをクリック! 

 

 鉄道愛好者、日本の四季折々の「鉄道のある風景」を題材にした写真を募集し、優秀な作品を選考しています。
 10月10日(土)の鉄道フェスティバル会場では優秀作品を展示し、オープニングセレモニーで国土交通大臣賞の表彰を行いました。




交通総合文化展   ←ここをクリック!

 鉄道愛好者、鉄道利用者及び鉄道に従事する者等を対象に、俳句及び写真の作品を募集し、国土交通大臣賞など優秀作品を展示しています。
 10月10日(土)の鉄道フェスティバル会場では、オープニングセレモニーで表彰を行いました。

 展示期間:平成27年10月15日(木)~10月20日(火)
 場  所:JR東京駅地下南口動輪の広場(特設会場)
 


各地での主な取組み   ←ここをクリック!

 9つの地方運輸局管内を中心に組織された「鉄道の日」地方実行委員会においても様々なイベントを開催しています。




※テッピーは公益財団法人日本交通文化協会の登録商標です。

 

Get ADOBE READER

(別ウインドウで開きます)

  PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
  左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Readerをダウンロードしてください(無償)。
  Acrobat Readerをダウンロードしても、PDFファイルが正常に表示されない場合はこちらをご覧ください。

ページの先頭に戻る