鉄道

駅ホーム縁端部視認性向上のためのWG

目的
 駅ホームにおいて,ホームと線路部分のコントラストを高めるなどホーム縁端部の視認性を向上させることは,弱視者及び一般旅客のホームから線路への転落防止に有効である。 このため,ホーム縁端の視認性向上策を検討するため,「駅ホーム縁端部視認性向上のためのWG」を設置する。

検討項目
 ○各種視認性向上策及びホーム縁端部の視認性向上策の実態把握
 ○視覚障害者の協力を得て,視認性向上の評価実験の実施
 ○駅ホーム縁端部の視認性向上策の検討
  等

構成
 ・学識経験者
 ・当事者団体
 ・鉄道事業者(JR、公営交通、大手民鉄 等)
 ・関係協会
 ・国土交通省

検討の経過等
 ○第1回WG(2017/3/3)  開催案内  参考資料  配付資料  議事概要
  ・「駅ホーム縁端部視認性向上のためのWG」について
  ・駅ホーム縁端部の視認性向上策の現状と課題について
  ・今後の検討内容と進め方について

 ○第2回WG(2017/10/3)  開催案内  配付資料
  ・駅ホームからの転落等の経験をもつ視覚障害者に関する調査について
  ・駅ホーム縁端部視認性向上策に関する実態調査について
  ・駅ホーム縁端部視認性向上策の有効性に関する調査について
  ・駅ホーム縁端部視認性向上策の視認性に関する検討について

お問い合わせ先

国土交通省鉄道局技術企画課
電話 :03-5253-8111(内線40702)
直通 :03-5253-8546

ページの先頭に戻る