官庁営繕

「公共建築の品質確保のために-品確法を踏まえた官庁営繕の取組-」(概要)

平成26年品確法改正等とこれを踏まえた官庁営繕の取組の概要を次の資料に取りまとめました。
   「公共建築の品質確保のために -品確法を踏まえた官庁営繕の取組-」(全体)
      【目次】(目次別にもダウンロードいただけます。)
         〇品確法を踏まえた官庁営繕の主な取組
            ・品確法を踏まえた官庁営繕の主な取組
                      ・総合評価落札方式、設計プロポーザル等
                       ・官庁施設の設計業務等積算基準
            ・「営繕積算方式」活用マニュアル(H29.5)
                      ・営繕工事積算チェックマニュアル(H29.3)
            ・入札時積算数量書活用方式(H29.3)
            ・営繕工事請負契約における設計変更ガイドライン(H27.5)・Q&A(H27.10)
            ・公共建築工事における工期設定の基本的考え方(H27.10)・事例解説(H28.6)
            ・全国営繕主管課長会議
            ・参考情報の官庁営繕HPへの掲載、送付
            ・公共建築相談窓口
         〇品確法の改正等と国土交通省におけるガイドライン策定等

また、令和元年品確法改正を踏まえた官庁営繕のさらなる取組の概要は次のとおりです。
         〇品確法改正を受けた官庁営繕事業に係る設計業務等の取組
          ・官庁施設の設計業務等積算基準及び同要領の改定(H31.1.21)
          ・働き方改革に配慮した建築設計業務委託のためのガイドライン(R2.3.25)
          ・建築設計業務委託の進め方(H30.5)
          ・若手技術者の配置促進の取組の試行
           (建築設計業務等の発注における担い手の育成及び確保への配慮の取組)
          ・建築設計業務等変更ガイドライン(案)(R2.3.31)
          BIMを用いた基本設計図書の作成及び納品の試行
           (営繕工事における生産性向上技術のさらなる活用拡大(H31.3.27))
          ・PUBDISによる業務実績及び成績評定結果のデータベース化と発注者間での情報共有
           (設計業務実績データベース)
          ・成績評定の標準化と評定結果の相互利用
           (設計関係資料)
          ・発注者支援業務事例集等
           (公共建築における発注関係事務に係る支援方策に関する検討)

ページの先頭に戻る