自動車

自動車の電子的な検査(OBD検査)について

本ページでは、令和6年10月より開始される自動車の電子的な検査(OBD検査)や技術情報管理手数料に関する情報を公開しております。

OBD検査の概要について

衝突被害軽減ブレーキ等の自動運転技術については、近年、軽自動車を含む幅広い車両への搭載が進んでおります。これらの技術は、交通事故の防止に大きな効果が期待される一方、故障時には誤作動等により事故につながるおそれがあることから、使用時においても、確実に機能維持を図ることが重要です。
このため、令和6年10月から、自動車の検査(車検)において、衝突被害軽減ブレーキ等の自動運転技術等に用いられる電子制御装置の目に見えない故障に対応するための電子的な検査を開始することとしております。
詳細は、制度の検討を行った検討会資料をご覧ください。

技術情報管理手数料に関して

令和3年10月1日以降、自動車メーカーが提供する故障診断に必要な情報管理、全国の検査場(車検場)や整備工場が利用する情報システムを運用していくための費用として、自動車の検査の際に支払う法定手数料に、(独)自動車技術総合機構の技術情報管理手数料が追加(1台あたり一律400円)されます。
詳細は、広報用のチラシをご覧ください。
チラシ(自動車検査の法定手数料変更のお知らせ)
チラシ(技術情報管理手数料の納付方法について)

参考資料

技術情報管理事務手数料にかかる関連の法令、パブリックコメントの結果を掲載しています。

関係法令(道路運送車両法関係手数料令の一部改正)
パブリックコメント結果
 

お問い合わせ先

国土交通省自動車局整備課
電話 :03-5253-8111(内線42426)
ファックス :03-5253-1639

ページの先頭に戻る