ページトップ

[本文へジャンプ]

政策について
観光庁ホーム > 政策について > 国際観光 > 訪日外国人旅行者の受入環境整備 > インバウンド受入環境整備高度化事業
ページ本文

インバウンド受入環境整備高度化事業

印刷用ページ

最終更新日:2023年6月7日

事業概要

 主要な観光地における訪日外国人旅行者の周遊の促進及び消費の拡大を図るため、公共交通機関の駅等から個々の観光スポットに至るまでの散策エリアにおける「まちあるき」や広域的な周遊に係る環境整備を一体的に進める事業(以下、「面的整備事業」という。)及び訪日外国人旅行者の来訪が特に多い又はその見込みがある観光拠点施設における拠点機能の強化を図る事業(以下、「拠点機能強化事業」という。)を支援するものです。

 *上記のPDFはこちら
 

事業スキーム


 *上記のPDFはこちら

 
1.高度化計画策定者:指定市区町村(※)、都道府県、観光地域づくり法人(DMO)、民間事業者 等
2.補助対象事業者 :高度化計画に記載された事業を実施する者
3.補助対象事業
  
   *上記のPDFはこちら
 
※【参考】指定市区町村一覧
 

公募

1.受付期間
   令和5年2月10日(金)~ 2月28日(火) 17時(必着)※終了しました※
   令和5年4月12日(水)~ 5月12日(金) 17時(必着)※終了しました※
   令和5年6月 7日(水)~ 10月31日(火) 17時(必着)
    
●予算が無くなり次第、公募受付を終了させていただきます。

    ●今回の公募では、締切りを三回にわけて受付します。
   


2.交付要綱・交付要領
  ● 交付要綱
  ● 交付要領(補助対象経費についてはこちらをご参照ください。)
 
3.応募要領
  ● 応募要領
   
4.提出資料(最寄りの地方運輸局等にご提出願います。詳細は3.応募要領をご参照ください。)
  ● 受入環境整備高度化計画記載例) ※過去のものは使わず、こちらをダウンロードして作成ください。
  ● 計画概要記載例)   ※過去のものは使わず、こちらをダウンロードして作成ください。
  ● 要望書(記載例)
   ・ナイトタイムエコノミーの環境整備記載例
   ・イベント開催等により賑わい拠点となる屋外広場の整備記載例
   ・ワーケーション環境の整備記載例
   ・ICTを活用したゴミ箱の整備記載例
   ・混雑状況の「見える化」と推奨ルートの表示記載例
   ・グランピング環境の整備記載例
   ・多様な移動手段の整備記載例
   ・多言語案内の整備
     面的整備事業用記載例
     拠点機能強化事業用記載例
   ・観光スポット等の掲示物等の多言語化整備記載例
   ・無料公衆無線LAN環境の整備記載例
   ・飲食店、小売店等も含めた地域における多言語対応、先進的決済環境の整備
     貸与可能記載例
     直接申請記載例
   ・トイレの高機能化及び洋式便器の整備記載例
   ・手ぶら観光カウンターの機能向上記載例
   ・段差の解消記載例
   ・子供連れ環境の整備記載例
   ・近距離移動支援モビリティの整備記載例
   ・外国人観光案内所の整備・改良記載例
   ・観光スポット情報・交流施設の整備・改良記載例
   ・EV急速充電器の整備記載例

※なお、予算の執行状況により「令和5年度観光振興事業費補助金」
 として受付する場合があります。その際は、別途申請者へ連絡させて
 いただきます。
 【参考】令和5年度観光振興事業費補助金交付要綱等
 ● 交付要綱
 ● 交付要領

関連事業

このページに関するお問い合わせ
観光庁 外客受入参事官室
TEL 03-5253-8972(直通)
FAX 03-5253-8123

ページの先頭に戻る