ページトップ

[本文へジャンプ]

政策について
観光庁ホーム > 政策について > 観光産業 > 宿泊業を核とした観光産業の付加価値向上支援
ページ本文

宿泊業を核とした観光産業の付加価値向上支援

印刷用ページ

最終更新日:2022年4月6日

 宿泊事業者等の観光関連事業者が、複数事業者や異業種との連携、新たなビジネスモデルの導入などにより、市場の創出や事業革新(イノベーション)に資する取組を行い、収益力向上や付加価値向上といった成果を出している事例を紹介します。

令和3年度事業

宿泊事業者等の経営状況及びビジネスモデルに関する調査業務

 新型コロナウイルス感染症拡大の長期化により、宿泊事業者等の観光関連事業者の経営状況の悪化は深刻化しています。
 本業務では、宿泊事業者の財務状況や運営体制等からその経営状況の実態を調査・分析し、今後の施策立案の参考にするとともに、先進的な取組のノウハウや導入に関する事例を収集しました。

先進事例の紹介

 従来型モデルにとらわれず、複数事業者や異業種との連携など、新たなビジネスモデル導入による先進事例をご紹介します!
 
01 健康×IOTによる付加価値向上 株式会社竹屋旅館
02 地域一体のグリーンツーリズム 仙北市農村体験推進協議会
03 旅の目的地に「泊まれる演劇」 株式会社L&Gグローバルビジネス
04 関係人口を醸成する「祭り留学」 株式会社 オマツリジャパン

令和2年度事業

このページに関するお問い合わせ
観光庁観光産業課
TEL:03-5253-8330