航空

航空管制官 公式

仕事内容|航空管制官公式ホームページ
「パイロットに安心を与える仕事」、それが航空管制官の仕事です。
私たちは航空機同士の安全な間隔を設定するため、
無線を使用してパイロットと通信し、離着陸の順位付けや許可、
経路や高度などの指示を行います。
ここでは航空管制官の業務のうち、主な3つをご紹介します。

飛行場管制業務

空港にある管制塔から目視で航空機を捉え、離着陸の許可、飛行場面の走行経路の指示などを出します。空港を中心に約9km圏内の空域を担当します。

ターミナル・レーダー管制業務

レーダーで航空機を捉え、空港から離陸した航空機を方向別に誘導し、他の航空機と安全な間隔を保ちながら上昇させます。また、各方面からの到着機を航空交通管制部から引き継ぎ、着陸順序を決定し、磁針路や高度などを指示して順番に並べます。空港から約100km圏内を担当します。

航空路管制業務

レーダーで航空機を捉え、空港と空港の間を飛行する航空機に対して指示や許可を与えます。日本が担当する空域を4つに分け、札幌・東京・神戸・福岡で業務を行っています。また日本の空港を離着陸する航空機のみならず、外国からの通過機にも同様に管制業務を提供します。

勤務体系

24時間管制業務の航空交通管制部や主要な空港の一例スケジュールです。早番・早番・遅番・夜勤入り・夜勤明け・休日を一つのラウンドとして繰り返すパターンを基本としつつ、休日と勤務時間は「一般職の職員の勤務時間、休暇等に関する法律」に規定されている通りに取得できます。なお、時間限定運用の空港には夜勤がありません。


ページの先頭に戻る