総合的な交通体系を目指して

バリアフリー・ナビプロジェクト(ICTを活用した歩行者移動支援の推進)


2022/3/23
 
  国土交通省では、インクルーシブ社会の構築に向けて、歩行空間における段差や傾斜といった移動において支障となるバリア情報や、車いすでも利用することができるエレベータやバリアフリートイレの設置位置といったバリアフリー情報を「歩行空間ネットワークデータ」として、自治体や事業者と協力して収集し、オープンデータとして様々な分野で利活用できるような環境整備を推進する『バリアフリー・ナビプロジェクト』の取組を進めてきました。

  オープンデータ化された歩行空間ネットワークデータが利用されることによって様々なサービスへの活用が期待されます。図1は、歩行空間ネットワークデータを活用したバリアフリールートのナビゲーションサービスのイメージ図です。
 出発地から目的地までの道中に段差や傾斜といったバリアがないルートを選ぶことによって、車いす利用者などが、歩行時に支障がなく安全に目的地へ移動するためのルート情報の提供が可能となります。

 
図1 歩行空間ネットワークデータを活用したサービス提供イメージ
 
バリアフリー・ナビプロジェクトの概要(2017/12/1)
歩行空間ネットワークデータの概要(2017/3/1)

新着情報一覧

「バリアフリー・ナビプロジェクト」広報用HPを新規に開設しました!(2022/3/4)※広報用専用HPに飛びます
国土交通省Youtubeチャンネルに動画を投稿しました!(2022/2/28)※Youtube動画に飛びます
国土交通省Youtubeチャンネルに動画を投稿しました!(2022/1/21)※Youtube動画に飛びます
アイデアコンテスト「10年後の歩行って?」の募集を開始!(2021/12/21) ※専用HPに飛びます
”バリアフリー・ナビプロジェクトアンバサダー”を決定~車いすバスケ・網本麻里選手、パラカヌー・瀬立モニカ選手をアンバサダーに任命~(2021/12/21)
令和3年度第2回「ICTを活用した歩行者移動支援の普及促進検討委員会」を開催します(2021/12/6)
パラリンピック競技会場周辺のバリアフリー支援アプリ提供開始!~バリアフリールート案内Webアプリ「Japan Walk Guide」の配信が開始されます~(2021/8/19)
歩行空間ネットワークデータ実証事業の応募期間を延長します(2020/9/14) ※募集は終了しました。
歩行空間ネットワークデータの多用途活用に向けた実証事業を行います(2020/8/7) ※募集は終了しました。
【2/27更新:開催中止】令和元年度第3回「ICTを活用した歩行者移動支援の普及促進検討委員会」を開催します(2020/2/26)
令和元年度第2回「ICTを活用した歩行者移動支援の普及促進検討委員会」を開催します(2019/12/20)
国立競技場周辺における歩道等のバリアフリー情報を公開~歩行者の円滑な移動の支援につながるデータがますます充実~(2019/12/13)
4つのアプリで新国立競技場周辺のバリアフリー情報収集~イベント形式の実証実験にご協力いただける方を募集します~(2019/10/17)

トピックス

・「バリアフリー・ナビプロジェクト」×「移動等円滑化促進方針・バリアフリー基本構想作成に関するガイドライン」(学校連携教育事業)との連携について(2022/4/1以降公開予定)
アイデアコンテスト「10年後の歩行って?」(2021/12/21)
プローブ情報を活用した“通れたマップ”実証実験(2017年度)(2017/8/10)
オープンデータを活用した歩行者移動支援サービスに関する現地事業(2017年度)(2017/7/7)
最新技術を使った“バリアフリー・ナビプロジェクト”(政府広報オンライン)(2020/4/5放送)

オープンデータサイトと各種整備ツールの提供

国土交通省 オープンデータサイト

歩行者移動支援サービスに関するデータサイト(2017/4/1~)

 
自治体、事業者や個人から提供された歩行空間ネットワーク情報を掲載しています。
 掲載されているデータについては、誰でもダウンロードして利用することができます。

 

歩行空間ネットワークデータ整備ツールについて

歩行空間ネットワークデータ整備ツール(2021/10/15~)

 国土交通省で提供している「歩行空間ネットワークデータ整備ツール」を利用することで、
誰でも歩行空間ネットワークデータを作成することができます。
 詳細は下記リンク先ページを参照下さい。
 「歩行空間ネットワークデータ整備ツール」を利用する

 
バリアフリーマップ作成ツール(2018/3/29~)
 バリアフリーマップを作成することができるソフトウェアの提供を行っています。
 利用方法や申請方法については下記リンクから参照下さい。
 「バリアフリーマップ作成ツール」を利用する

歩行空間ネットワークデータ整備ツール(試行版)(試行版の提供は終了

各種資料(ガイドライン・データ仕様等)

●パンフレット(バリアフリー・ナビプロジェクト)
「誰もが移動しやすい社会の実現に向け、市町村等に期待される歩行空間のデータ整備とオープンデータの取組み」(2019.9)
●ガイドライン等
「オープンデータを活用した歩行者移動支援の取組に関するガイドライン」(2018.7)
事例集➀:オープンデータを活用した歩行者移動支援サービスの取組(2016年度、3地区)
事例集➁:ユニバーサル社会に対応した歩行者移動支援に関する現地事業(2011~13年度、14地区)
事例集➂:歩行者移動支援サービスの実現に向けた地方公共団体での取組(2017年度、2地区)
事例集➃:民間団体等が提供する歩行者移動支援サービスの先進的な取組(7事例)
●手引き
「効率的な歩行空間ネットワークデータ等の整備に向けた手引き(案)」(2019.3)
●データ仕様
「歩行空間ネットワークデータ等整備仕様」(2018.3) ※新旧比較表(2018.3)  ・英語版「歩行空間ネットワークデータ等整備仕様」(2018.6)

 (Development Specification for Spatial Network Model for Pedestrians(June 2018))

「ICTを活用した歩行者移動支援の普及促進検討委員会」会議資料及びその他関連資料

ICTを活用した歩行者移動支援の普及促進検討委員会(2014年度~)

 施策の展開に当たって「ICTを活用した歩行者移動支援の普及促進検討委員会」(委員長:坂村健_現東洋大学INIAD学部長)を設置し、平成27年4月に提言をとりまとめました。
 提言では、サービスの普及展開を図るためには、移動に資する情報をオープンデータ化することにより、多様な主体がこれらデータを利用してサービス提供できる環境づくりが必要であるとの指摘がなされました。

ICTを活用した歩行者移動支援の普及促進検討委員会(2014年度~)
オープンデータによる歩行者移動支援サービスの普及促進に向けた提言(2015.4)

過去の取組・検討会資料・報道発表資料

過去の関係資料・取組内容

ページの先頭に戻る