タイトル 峯の浦遺跡 / 垂水不動尊 Mine no Ura

  • 山形県
ジャンル:
史跡・城跡 神社・寺院・教会 建造物・施設
媒体利用区分:
看板 Webページ
ワード数:
250以下
作成年度:
2021年
地域協議会名:
山寺観光資源等多言語化・インバウンド推進協議会

Mine no Ura


Buddhist monks and mountain ascetics meditated and trained in the area known as Mine no Ura for more than a thousand years. The area’s natural and historic religious sites are connected via a hiking path, with a trailhead located near the grounds of Senjuin Kannon-do Temple, and another at Yamadera Cemetery.

Senjuin Kannon-do Temple enshrines Senju Kannon, the thousand-armed form of the bodhisattva of compassion. From the temple, a short stroll through the forest leads to Tarumizu, a site used for ascetic practices until the early 1900s. The site is marked by a hollow in a massive rock wall dotted with honeycomb-like depressions formed through erosion by water. The torii gate of Furumine Shrine stands inside, along with a small shrine to the harvest deity, Inari. A nearby cleft in the cliffside contains a statue of the Buddhist deity Fudo Myo-o, the Immovable Wisdom King.

Farther along the trail are the Shiro-iwa Nana-iwa, seven massive rocks said to resemble the outer walls of a castle when viewed together from afar. Beyond, the trail opens into a clearing surrounded by several distinct rock formations. This area was likely used for special religious ceremonies.

There is another clearing near the Yamadera Cemetery trailhead, where Mine no Ura’s main temple once stood. The temple honored Amida Nyorai, the Buddha of Infinite Light. While the structure no longer remains, an archeological dig unearthed parts of the temple’s foundation, artifacts dating back to the fourteenth century, and remnants of pottery from the Jomon period (10,000–300 BCE).


峯の浦


1千年以上にわたり、僧侶や苦行者が、峯の浦として知られる山寺の先で瞑想し、修行をしてきました。この自然の歴史的整地は散策路でつながっており、入口は千手院観音堂の境内近くと山寺霊園にあります。

千手院観音堂には、千手観世音菩薩が安置されています。千手院観音堂を出て森を少し歩くと、1900年代初期まで苦行に使われていた垂水遺跡に着きます。この場所には、水の浸食によって形成された、蜂の巣状の穴がたくさんある巨大な岩壁があります。中には、古峯神社の鳥居と稲荷神社が立っています。崖の側面にある近くの割れ目には、不動明王が祀られています。

散策路をさらに進むと、城岩七岩と呼ばれる7つの岩が並んでおり、遠くから眺めると山城の様相をなすと言われています。城岩七岩の先では、特徴的な岩に囲まれた広場に出ます。この場所は、神道の特別な祭事に使われていたと考えられています。

山寺霊園の散策路の入口付近の別の広場には、峯の浦の本院跡があります。本院には阿弥陀如来が祀られていました。本院はすでになくなっていますが、遺跡発掘により本院建造物の基礎、14世紀にまで遡る遺物、縄文時代(紀元前10,000~300年)の陶磁器の破片が見つかっています。


再検索