技術調査

国土交通データプラットフォーム

印刷用ページ

国土交通省は、保有する多くのデータと民間等のデータを連携し、Society 5.0が目指すフィジカル(現実)空間をサイバー(仮想)空間に再現するデジタルツインにより、
業務の効率化やスマートシティ等の国土交通省の施策の高度化、産学官連携によるイノベーションの創出を目指し、国土交通データプラットフォームの構築を進めています。

国土交通データプラットフォーム整備計画

平成31年3月29日から平成31年4月12日まで実施した「国土交通データプラットフォーム整備計画(原案)」に対する意見募集の結果も踏まえ、
プラットフォームの機能、利活用イメージ、整備方針等についてとりまとめた整備計画を令和元年5月30日に公表しました。

国土交通データプラットフォーム1.0の公開

国土交通省では、デジタルツインの実現を目指し、3次元データ視覚化機能、データハブ機能、情報発信機能を有するプラットフォームの構築を進めており、「国土交通データプラットフォーム1.0」の一般公開を開始します。

会員公募

国土交通省が進めている国土交通データプラットフォームの構築にあたり、産学官の連携を更に強化するため、
国土交通データ協議会を設置し、プラットフォームの利活用やデータ提供等の活動をして頂ける方々の会員公募を行います。
プラットフォームの改善やデータ提供、利活用促進にかかる提案は随時受け付けておりますので、会員申請と合わせて、下記フォームから連絡をお願いします。

お問い合わせ先

国土交通省大臣官房技術調査課
電話 :03-5253-8111

ページの先頭に戻る