住宅

平成22年度補正予算案に盛り込まれた住宅関係事業の内容(案)について

※これらの事業は、平成22年度補正予算の成立が前提であり、かつ、今後、内容に変更があり得ることをあらかじめご了承下さい。 (平成22年11月17日現在)
 

 平成22年度補正予算案に盛り込まれている「ストック活用型住宅セーフティネット整備推進事業」及び「住宅・建築物の耐震化緊急支援事業」について、現時点での内容案をお知らせいたします。
 なお、これらの事業は、平成22年度補正予算の成立が前提であり、かつ、今後、内容に変更があり得ることをあらかじめご了承下さい。また、補正予算成立後に、国土交通省ホームページ等において募集要領を公表いたします。補正予算の成立までは、いかなる問い合わせにも回答できませんのでご了承下さい。

 
 1.ストック活用型住宅セーフティネット整備推進事業(11/29更新)

 
 2.住宅・建築物の耐震化緊急支援事業(11/29更新)


注:平成22年度補正予算案に盛り込まれている住宅関係事業は、上記事業の他「住宅エコポイントの拡充」、「木のいえ整備促進事業」等があります。

ページの先頭に戻る