住宅

民間賃貸住宅

本ページでは民間賃貸住宅をめぐる紛争の未然防止として、「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」や「賃貸住宅標準契約書」を中心とした民間賃貸住宅に係る留意点等を掲載しています。

民間賃貸住宅の入居・退去に関する留意点等

 賃貸住宅のトラブルの未然防止には、契約内容の十分な確認と理解が必要です。
契約書に署名、捺印をする前に、
 ・入居時及び更新時に必要となる費用について、契約書の文言の意味を理解するまで確認
 ・退去時の原状回復の範囲、内容等を、「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」などを参考に確認
   *『原状回復をめぐるトラブルとガイドライン』について
 ・退去や解約の申し入れ時期や条件について、十分に確認することが重要です。

〇 「民間賃貸住宅の賃貸借関係をめぐるトラブルを抱えている借家人や家主のみなさまへ
 賃貸住宅の紛争解決のための裁判以外の方法として、裁判外紛争解決手続き(ADR)を紹介します。

〇 民間賃貸住宅に関するトラブル相談実施機関一覧

【民間賃貸住宅に関する相談窓口(外部リンク)】

独立行政法人国民生活センター 商品やサービスなど消費生活全般に関する苦情や問合せなど、消費者からの相談を専門の相談員が受け付けています。全国の消費生活センター一覧
公益社団法人全国賃貸住宅経営者協会連合会 メールによる無料法律相談、安心ちんたい検索サイト、住宅確保要配慮者の入居促進ガイドブック
公益財団法人日本賃貸住宅管理業協会 居住用の賃貸住宅のトラブル相談
一般財団法人不動産適正取引推進機構 RETIO判例検索システム、賃貸借のトラブルに関するQ&A

 

ページの先頭に戻る