住宅

DIY型賃貸借に関する契約書式例とガイドブックについて

国土交通省では、賃貸住宅の流通促進の一環として、DIY型賃貸借の普及に取り組んでいます。
DIY型賃貸借の活用を促進し、DIY型賃貸借による契約当事者間のトラブルを未然に防止する観点から、「DIY型賃貸借に関する契約書式例」や、DIY型賃貸借に関するガイドブックや手引きを作成しています。 
  
※「DIY型賃貸借」とは
 ・借主(入居者)の意向を反映して住宅の改修を行うことができる賃貸借契約や賃貸物件です。
 ・借主自ら改修する場合や専門業者に発注する場合など、工事の実施方法は様々です。
 

背景と目的

国土交通省では、個人所有の住宅につき賃貸住宅としての流通を促進することを目的に、平成25、26年度に「個人住宅の賃貸流通を促進するための指針(ガイドライン)」や、DIY型賃貸借の活用に向けての実施スキームや契約上の留意点等に関する報告書をとりまとめました。
その上で、DIY型賃貸借を多くの方に知っていただくとともに、DIY型賃貸借による契約当事者間のトラブルを未然に防止する観点から、平成28年4月に「DIY型賃貸借に関する契約書式例」と、活用にあたってのガイドブック「DIY型賃貸借のすすめ」を作成しています。
また、DIY型賃貸借により大規模な工事を行う場合や転貸借(サブリース)物件でDIY型賃貸借を行う場合など様々なDIY型賃貸借の実施方法があることを踏まえ、平成30年3月に「DIY型賃貸借に関する契約書式例」を改定するとともに、「家主向けDIY型賃貸借の手引き」を作成し、DIY型賃貸借を行う際の貸主と借主双方の理解が深まるよう取り組んでいます。

主な内容

○ 「DIY型賃貸借に関する契約書式例」
・ DIY型賃貸借によるトラブルを未然に防止する観点から、DIY型賃貸借を行う場合に契約当事者間であらかじめ合意すべき内容を、賃貸借契約書の特約事項として作成するものです。
・ 改修内容や明渡し時の原状回復の有無等を、貸主と借主の双方が明確に認識し、合意・承諾の上で、合意書を取り交わす方式です。
・ DIY型賃貸借で大規模な工事を行う場合や転貸借(サブリース)により行う場合の契約上の留意点についてもお示ししています。
 
○ 「DIY型賃貸借のすすめ」(ガイドブック)
・ DIY型賃貸借とは
・ DIY型賃貸借でできること
・ DIY型賃貸借の手順や取決め事項のポイント 等

○「家主向けDIY型賃貸借実務の手引き」
・ DIY型賃貸借の契約書の作成方法
・ DIY型賃貸借で大規模な工事を行う場合や転貸借(サブリース)により行う場合の契約上の留意点
・ DIY型賃貸借を行う場合のQ&A 等

その他

○民間賃貸住宅のページ(平成25年度及び26年度の報告書についても掲載しております。)

 『国土交通省HPトップページ』→『政策情報・分野別一覧』の『住宅・建築』→『民間賃貸住宅』
 http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk3_000016.html

お問い合わせ先

国土交通省住宅局住宅総合整備課賃貸住宅対策室
電話 :03-5253-8111(内線39334,39335)
ファックス :03-5253-1628
  • 10月は住生活月間
  • サービス付き高齢者向け住宅情報提供システム

ページの先頭に戻る