住宅

終身建物賃貸借標準契約書

 終身建物賃貸借制度は、「高齢者の居住の安定確保に関する法律」に基づき、高齢者単身・夫婦世帯等が終身にわたり安心して賃貸住宅に居住することができる仕組みとして、借家人が生きている限り存続し、死亡時に終了する相続のない一代限りの借家契約を結ぶことができる制度です。
 「終身建物賃貸借標準契約書」は、終身建物賃貸借契約が円滑に締結されるよう作成した契約書のひな形です。
 

平成30年3月改定
 
民法改正等を踏まえた「賃貸住宅標準契約書」の改定にあわせた改定を行いました。
 平成32年(2020年)4月1日に予定されている民法改正法の施行に向けて、ご活用ください。
 
 ◇「
終身建物賃貸借標準契約書 平成30年3月版・家賃債務保証業者型」
  [Word形式] 
PDF形式]        
 
 ◇「
終身建物賃貸借標準契約書 平成30年3月版・連帯保証人型」 
  [Word形式] PDF形式]        
 

平成24年2月版
 「終身建物賃貸借標準契約書」 

  • 10月は住生活月間
  • サービス付き高齢者向け住宅情報提供システム

ページの先頭に戻る