住宅

『サブリース住宅原賃貸借標準契約書』について

 賃貸住宅におけるサブリース事業とは、賃貸管理事業者が建物所有者(家主)等から建物を転貸目的にて賃借し、自らが転貸人となって入居者(転借人)に転貸するシステムによって行う賃貸管理事業です。
 国土交通省では、平成19年3月に、サブリース事業の当事者間における紛争の未然防止を図るため、「サブリース住宅原賃貸借標準契約書」を作成しました。
 本契約書の作成趣旨を御理解の上、建物を転貸目的に賃借する賃貸管理事業者及び建物所有者(家主)をはじめとする多くの人に積極的に活用されることを期待しています。

平成30年3月改定
 民法改正や賃貸住宅管理業者登録制度をはじめ、現在を取り巻く環境の変化等を踏まえて、賃料の改定時期等の明確化、サブリース業者から契約を解約できない期間の設定、賃貸不動産経営管理士等の記名押印欄の追加、転貸の条件項目への民泊の可否に関する事項の追加などの改定を行いました。
 平成32年(2020年)4月1日に予定されている民法改正法の施行に向けて、ご活用ください。
◇「サブリース住宅原賃貸借標準契約書平成30年3月版」  [PDF形式:359KB
 ・ 契約書本体     [Word形式:57KB]
 ・ 承諾書例      [Word形式:360KB]
 (参考)平成24年版との新旧対照表 [PDF形式:407KB」 
 
平成24年2月版
  ◆ 「サブリース住宅原賃貸借標準契約書」契約書本体  [PDF形式:202KB]
  ◆ 「サブリース住宅原賃貸借標準契約書」契約書本体  [WORD形式:130KB]  
  ◆ 「サブリース住宅原賃貸借標準契約書」記載要領   [PDF形式:137KB]  
  ◆ 「サブリース住宅原賃貸借標準契約書」承諾書(例) [PDF形式:98KB]  
  ◆ 「サブリース住宅原賃貸借標準契約書」コメント   [PDF形式:129KB]

お問い合わせ先

国土交通省住宅局住宅総合整備課
電話 :(03)5253-8111
  • 10月は住生活月間
  • サービス付き高齢者向け住宅情報提供システム

ページの先頭に戻る