国土政策

「複合的な効果をもたらす施策」と「選択的な国土利用」の推進

第5次国土利用計画(全国計画)に示された、「複合的な効果をもたらす施策」と「選択的な国土利用」の推進に関する取り組みをご紹介します。

事例ガイド「これからの時代の地域デザイン」~いかす国土、まもる国土、つかう国土~(平成29年3月)

 今後の人口減少下の国土管理における重要な考え方として国土利用計画(全国計画)で示されている「複合的な効果をもたらす施策」や「選択的な国土利用」について、考え方の参考となる事例ガイドを平成29年3月に作成しました。
 本冊子では、国土の荒廃や管理水準の低下のおそれなど、人口減少下の国土利用において生じる課題を踏まえ、地域づくりにもつながるような国土管理について、各地域におけるそれぞれの強みや課題、ビジョンに応じて取り組む16の事例を紹介しています。
 本事例ガイドの内容は、都道府県や市町村等の関係者(土地利用に関係する幅広い部局担当者:企画及び計画系、農林、緑地関係、防災、環境など)や、関係団体等の方々の取組の参考にしていただくことを想定しています。
 
冊子をご希望される方は担当(国土管理企画室:03-5253-8359)までお問い合わせ下さい。

概要版(A4版、両面1枚)

●本編(A4版カラー、32ページ)
 一括版ダウンロード(A3サイズ、PDFファイル)

 分割版(容量の都合上、分割しています)
 表紙~p.7(国土管理の課題、紹介事例の一覧等)
 p.8~p.17(ビジョンを事例から読み解く5つの事例紹介)
 p.18~p.21(複合的な施策や選択的国土利用の解説)
 p.22~p.31(対象地のタイプ別の11事例紹介、コラム、チェックリスト等)
 

国土管理専門委員会2018年とりまとめ(平成30年6月)

 国土管理専門委員会では、『人口減少化の持続可能な国土の利用・管理のために~地域自ら土地の使い方を改めて考え、選択する――取組事例に学ぶ課題と解決の方向性~』と題するとりまとめを平成30年6月に作成しました。
 本とりまとめは、「複合的な効果をもたらす施策」や「選択的な国土利用」という視点も踏まえつつ、地域住民・行政担当者が持続可能な国土の利用・管理に向けて、主に市町村・地区レベルで地域の土地の使い方を改めて考え、取組を推進するための指針となることを目指しています。

国土管理専門委員会2018年とりまとめ
 

マンガでわかる!国土管理~カンタとリコの訪問記

国土管理の取組をより分かりやすくお伝えするため、職員手作りのマンガを作成しました。

主人公のカンタとリコが、全国を訪れ、持続可能な国土の利用・管理をしている取組事例から、課題解決の方向性を学んでいく物語です。

今後も、国土審議会計画推進部会国土管理専門委員会の2018年とりまとめに掲載された事例を紹介していく予定です。

 

兵庫県丹波市編

 住民主体で将来土地利用計画と山裾の余裕域(バッファーゾーン)を検討

 

<参考>

「マンガでわかる!国土管理~カンタとリコの訪問記」のFacebookページはこちらです。
マンガの新作をアップしていく予定です。

たくさんの皆様の「いいね!」をお待ちしております。

https://www.facebook.com/mlit.kokudokanri/





 

お問い合わせ先

国土交通省国土政策局 総合計画課 国土管理企画室
電話 :(03)5253-8111(内線29-344)
直通 :(03)5253-8359
ファックス :(03)5253-1570

ページの先頭に戻る