海事

免許の取り方

 小型船舶操縦士の免許は、操縦できる水面の範囲や船の種類によって一級小型船舶操縦士、二級小型船舶操縦士、特殊小型船舶操縦士に分かれています。

 また、旅客船や遊漁船など人を運送する小型船舶の船長を目指す方は、これらの免許に加えて、「特定操縦免許」が必要となります。
 
 小型船舶操縦免許を取得するには、直接、小型船舶操縦士国家試験を受験する「受験コース」と、登録小型船舶教習所において一定期間講習を受講した後、国家試験と同等の内容の学科及び実技修了試験を受験し、合格すれば国家試験の学科と実技が免除される「教習コース」の二つの方法があります。

 一級小型船舶操縦免許と二級小型船舶操縦免許の取得年齢は、18歳以上です。
 ただし、若年者(16歳以上18歳未満の者)は、「5トン未満」に限定された二級小型船舶免許を取得することができ、 18歳の誕生日を過ぎれば、特段の手続きなしに5トン以上の小型船舶を操縦することができます。
 なお、水上オートバイを操縦するための特殊小型の免許は16歳以上です。

                                        


                                                                           ★Q&Aのコーナーも参考にして下さい。★

お問い合わせ先

国土交通省海事局海技・振興課
電話 :03-5253-8111(内線45-316)
直通 :03-5253-8655
ファックス :03-5253-1646

ページの先頭に戻る