バリアフリー

子育て支援の取組について

公共交通機関や公共施設等のバリアフリー化の進展に伴い、ベビーカーの利用者にとっては利用しやすい環境となってきていますが、子育て等のため、ベビーカーを一層利用しやすくするための環境整備が求められています。今後さらにベビーカー利用者の利便性・安全性を向上させるためには、施設の整備に加えて、ベビーカー利用者のマナー向上とともに、ベビーカーの利用に対する他の利用者の理解や協力が不可欠です。

このため、国土交通省では平成25年6月に「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会」を設置し、ベビーカーを安全に利用するための注意点及びベビーカー使用者と周囲の方のお互いの理解と配慮を求める「ベビーカー利用にあたってのお願い」の作成、ベビーカーを安全に利用できる場所を示す「統一的なベビーカーマーク」の策定(平成26年3月)などに取り組んで来たところです。

また、「ベビーカー利用にあたってのお願い」及び「統一的なベビーカーマーク」の普及・啓発に向けた取組として平成26年度より、毎年5月にベビーカー利用に関するキャンペーンを実施しております。

しかしながら、今後さらに子ども連れの方々の移動の利便性・安全性を向上させるためには、ベビーカー使用者に限定せず、すべての子ども連れの方々にとって移動しやすい環境を実現するための取組が必要になってきます。そのため、今般、子育てにやさしい移動環境の整備に向けて、「公共交通機関等におけるベビーカーに関する協議会」を「子育てにやさしい移動に関する協議会(こそモビ協議会)」に発展させ、設置することといたしました。


「公共交通機関等におけるベビーカー利用に関する協議会」についてはこちら
「子育てにやさしい移動に関する協議会」についてはこちら

ベビーカーマークについてはこちら

  

ページの先頭に戻る