海事

2021年度「ジュニア・シッピング・ジャーナリスト賞」国土交通大臣賞決定

ジュニア・シッピング・ジャーナリスト賞は、海事産業全般(海運、船及び港など)をテーマに取材を行い、新聞形式にまとめたものを小学生、中学生及び高校生から募集するもので、新聞の作成を通して海事産業への関心を高めてもらうことを目的としています。

 2022年1月21日(金)、2次審査を経て選ばれた各部門3作品から、斉藤大臣が一作品ずつ丹念に確認した上で、小学生部門では新潟市立万代長嶺小学校5年生の佐藤 光梨(さとう ひかり)さんの「SDGsで未来の港を切り拓け!」、中学生・高校生部門では九州国際大学附属中学校1、2年生の黒瀬 唯月奈(くろせ いづな)さん、笹田 梨央(ささだ りお)さん、大野 更紗(おおの さらさ)さん、佐藤 美月(さとう みづき)さんの「北九州港の仁義ある戦い ・・・いざ、六つの港が力を合わせん・・・」を国土交通大臣賞に選定しました。

 今年度は1,141作品(小学生部門605作品、中学生・高校生部門524作品、チャレンジ部門12作品)の応募があり、そのうち国土交通大臣賞を含む入賞作品は72作品でした。
   なお、これらの作品は今後、旧門司港税関や下関市役所などで展示される予定です。
※詳細は、(公財)日本海事広報協会のウェブサイト(http://www.kaijipr.or.jp/)をご覧下さい。


 

<小学生部門 国土交通大臣賞>
新潟市立万代長嶺小学校 5年 佐藤 光梨さん
「SDGsで未来の港を切り拓け!」




<中学生・高校生部門 国土交通大臣賞>
九州国際大学附属中学校 2、3年  瀬 唯月奈さん、笹田 梨央さん、大野 更紗さん、佐藤 美月さん
「北九州港の仁義ある戦い ・・・いざ、六つの港が力を合わせん・・・



<国土交通大臣賞を選考する斉藤大臣>

 .


<選定作品と斉藤大臣>
 
 

お問い合わせ先

国土交通省海事局 総務課 海洋教育・海事振興企画室
電話 :03-5253-8111(内線43215)
直通 :03-5253-8946

ページの先頭に戻る