災害サミットからの発信 トップへ被災体験の投稿について
こんなときどうする?災害発生時の対応災害復旧時の対応災害復旧時の対応
トップ > 平常時の対応 > 防災体制づくり
防災体制づくり

 災害はいつやってくるかもしれないという意識の下、防災教育、防災訓練は実践的なものにしないと災害現場では役に立たないことが多い。指示待ち職員の対応に忙殺されるという事態になりかねない。
 ハザードマップの作成にあたっては、分かりやすい表示を心がけるとともに、忘失されずに活用されるような工夫も必要である。平常時から防災意識の高揚を図る手法としては、防災チラシや広報紙、出前講座、車門家による講演会などが功を奏している例が多くみられる。また、地域コミュニティが希薄化している今日においては、自助・共助意識の育成が課題となっている。

防災教育について
ハザードマップについて
防災訓練は?
個人としての防災心得は?
市町村合併の影響など防災体制