都市再生

ウォーカブル支援制度について

「居心地が良く歩きたくなる」まちなかづくり支援制度(法律・税制・予算等)の概要

概要資料はこちら

ウォーカブル支援事業一覧

 

事業名 事業概要 掲載URL
まちなかウォーカブル推進事業
(社会資本整備総合交付金/補助金)
車中心から人中心の空間に転換するまちなかの歩ける範囲の区域において、街路の広場化や公共空間の芝生化、沿道施設の1階部分の開放など、既存ストックの修復・利活用に関する取組を重点的・一体的に支援します。
 
詳しくはこちら↓
https://www.mlit.go.jp/toshi/toshi_gairo_tk_000081.html
(街路空間の再構築・利活用に向けた取組)
ウォーカブル推進税制
(固定資産税・都市計画税の軽減)
「居心地が良く歩きたくなる」まちなかの形成を目指す区域(滞在快適性等向上区域)において、民間事業者等(土地所有者等)が、市町村による道路、公園等の公共施設の整備等と併せて民地のオープンスペース化や建物低層部のオープン化を行った場合に、固定資産税・都市計画税の軽減措置を講じます。
 
上記概要資料のP.5、6参照
詳しくは、法施行時に改めてお知らせします。
官民連携まちなか再生推進事業(補助金) 官民の様々な人材が集積するエリアプラットフォームの構築やエリアの将来像を明確にした未来ビジョンの策定、ビジョンを実現するための自立・自走型システムの構築に向けた取組を総合的に支援し、多様な人材の集積や投資を惹きつける都市の魅力・国際競争力の強化を図ります。
 
詳しくはこちら↓
https://www.mlit.go.jp/toshi/seido/index.html
(官民連携まちづくりポータルサイト)
まちなか公共空間等活用支援事業 都市再生推進法人がベンチの設置や植栽等(カフェ等も併せて整備)により交流・滞在空間を充実化する事業に対する低利貸付制度の創設します。
 
上記概要資料のP.14参照
詳しくは、法施行時に改めてお知らせします。

ページの先頭に戻る