建設産業・不動産業

不動産分野におけるESG-TCFD実務者WG

近年、機関投資家や金融機関が投資先や融資先に対してESG (環境・社会・ガバナンス)への配慮を求める動きが拡大しており、 また、SDGs (持続可能な開発目標)が国際社会全体の目標として共有され、経済・社会・環境をめぐる広範な課題に総合的に取り組むことが重要とされています。特に、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)の提言を踏まえ、国内外のREITやデベロッパーにおいても、気候変動のリスクと機会が与える財務的影響の開示に向けた要請が高まっています。
本実務者ワーキングでは、ウィズコロナ・アフターコロナのESG投資の動向も踏まえつつ、我が国の不動産市場の安定的かつ持続的な拡大に向けて、機関投資家・金融機関・テナント等に対するTCFDを含めたESG関係の情報開示のあり方について検討を行います。

実務者WG資料

【不動産分野TCFD対応ガイダンス】(令和3年3月30日)
 


【第4回実務者WG】

金融セクター・非金融セクター(令和3年3月19日) ※ 資料3乃至6については掲載省略


【第3回実務者WG】

金融セクター・非金融セクター(令和3年1月21日) ※ 資料5及び6については掲載省略


【第2回実務者WG】

金融セクター(令和2年9月3日)
非金融セクター(令和2年9月9日)


【第1回実務者WG】

金融セクター(令和2年6月4日)
非金融セクター(令和2年6月19日)

お問い合わせ先

土地・建設産業局不動産市場整備課
電話 :(03)5253-8311(内線30244)
直通 :03-5253-8375

ページの先頭に戻る