JSTB 運輸安全委員会

国際協力

 ひとたび航空の事故/インシデントが発生すると、その発生国、登録国、運航者国、設計・製造国、原因関係者・死傷者の国籍等により、その調査には複数の国が関係します。船舶の事故/インシデントについても同様であり、事故の原因を究明し、同種事故の発生防止につなげていくためには、国内の調査の枠を超えた関係各国との協力が不可欠です。

 また、鉄道分野においても類似事故の発生防止のために、事故調査情報を諸外国の事故調査機関と共有する必要があります。

最近の動き

iraic2016picture.jpg

第4回国際鉄道事故調査会議への参加

平成28年11月15日~16日、イギリスのロンドンにおいて、第4回国際鉄道事故調査会議が開催され、委員及び鉄道事故調査官が参加しました。

 会議の様子 新しいウィンドウが開きます


トピックス