JSTB 運輸安全委員会

事故等調査の流れ

 事故等の調査においては、事実調査を行い、必要な試験研究を行ったうえで、これらの結果を総合的に解析して、委員会の審議を経て原因の究明を行います。
 調査の結果は、報告書としてとりまとめ、国土交通大臣に提出するとともに公表します。
 必要と認めたときは、関係行政機関の長や事故等の原因関係者等に対し、事故等の防止又は事故が発生した場合における被害の軽減のために必要な施策又は措置について勧告あるいは意見を述べることにより改善を促します。
 また、調査の過程を通じて、被害者やそのご家族、ご遺族の皆様へ事故調査に関する情報の提供を行っています。

調査の流れ

このページのトップへ