電子宿泊者名簿・定期報告方法

事業者向け

電子宿泊者名簿・定期報告方法

電子宿泊者名簿

民泊制度運営システムでは、電子宿泊者名簿(住宅宿泊事業者向けのソフトウェア)の配布を行っています。住宅宿泊事業法で定められた「宿泊者名簿」及び、二ヶ月毎に報告が必要となる「宿泊実績定期報告データ」を作成することができます。ご利用のパソコン環境に合った電子宿泊者名簿ソフトをダウンロードしていただけます。

サポートするOS
【Windows版】
Microsoft Windows 10 (64bit)
Microsoft Windows 8.1 (64bit)
Microsoft Windows 7 Service Pack1 (64bit)
【動作条件】 メモリ容量: 2G以上
画面解像度: 1366×768以上
空きディスク容量: 200MB以上
ご利用条件
※ご利用条件に同意できない場合には、電子宿泊者名簿を利用しないでください。
・電子宿泊者名簿を使用した結果、損害が発生しても国土交通省、観光庁は一切の責任を負いません
・電子宿泊者名簿に関するいかなる著作権表記も変更できません
・電子宿泊者名簿を改造したり、リバースエンジニアリング、逆アセンブル等を行うことはできません
・電子宿泊者名簿の再配布はできません

宿泊者名簿の内容

本ソフトウェアで作成できる宿泊者名簿の内容は以下の通りです。複数の届出住宅(届出番号)を管理している場合でも、届出住宅(届出番号)毎に宿泊者名簿を作成し管理することができます。

項目 内容
宿泊開始日 宿泊開始日
開始時刻 宿泊開始日の開始時刻
宿泊終了日 宿泊終了日
終了時刻 宿泊終了日の終了時刻
宿泊日数 宿泊期間。各宿泊日は 12:00 を起点として 24 時間を一日とカウントします
種別 宿泊者の種別(代表者または同行者)
グループ識別 当該宿泊日におけるグループ(代表者と同行者の組合せ)の識別
宿泊者氏名 宿泊者の氏名
住所 宿泊者の住所
職業 宿泊者の職業
国籍 宿泊者の国籍
旅券番号 宿泊者の旅券番号。国籍が「日本」以外の場合、入力が必要です

宿泊実績定期報告データ

住宅宿泊事業者は二ヶ月毎に宿泊日数等を報告する必要があります。この定期報告は民泊制度運営システムにログイン後、直接入力または、定期報告データ(CSV ファイル)をアップロードすることにより行います。本ソフトウェアでは、入力された宿泊者名簿をもとに定期報告データ(CSV ファイル)を作成することができます。 定期報告データ(CSV ファイル)の形式を以下に示します。

項目 内容
届出番号 届出番号(例 ”M011234567”)
報告対象期間 報告対象期間(例 “2018_4-5”)
宿泊日数 宿泊日数(例 “3”)
宿泊者数 宿泊者数(例 “4”)
延べ人数 延べ人数(例 “10”)
国籍 宿泊者の国籍人数(以下国籍毎の当該報告対象期間の宿泊者数) 日本、韓国、台湾、香港、中国、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、インド、英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、米国、カナダ、オーストラリア、その他
宿泊日 当該宿泊日(例 “2018/4/6, 2018/4/7, 2018/4/8”)

※定期報告にあたっては、【別紙】定期報告に係る留意事項および定期報告に関するQAをご確認ください。

電子宿泊者名簿の操作説明書

電子宿泊者名簿のダウンロード