公共交通政策

経路検索の充実とバスロケデータの利活用 ~標準的なバス情報フォーマットの拡充~

 バスに関する情報には、経路検索に必要な時刻表や運行経路等の「静的情報」と、遅延情報や位置情報などリアルタイムで変動する「動的情報」があります。
 「標準的なバス情報フォーマット」は、静的情報の「GTFS-JP」と動的情報の「GTFSリアルタイム」の2種類のフォーマットを包含しています。
 静的・動的どちらのフォーマットも国際的に広く利用されている「GTFS」(General Transit Feed Specification)を基本としているため、整備した情報が迅速に世界中の経路検索サービスに反映されるという特徴があります。

○データ整備の意義と効果
(掲載資料)
 ・「標準的なバス情報フォーマット」ダイジェスト (2019年3月27日)
 ・はじめよう!「標準的なバス情報フォーマット」 (2019年3月27日)
 ・データ整備・活用事例 (2019年3月27日)

○データの整備方法と提供方法
(掲載資料)
 ・「標準的なバス情報フォーマット」データ整備の手引き (2019年3月27日)
 ・経路検索事業者等へのデータ提供の手引き (2019年3月27日)

○技術資料(仕様書、ガイドライン)
(掲載資料)
 ・動的バス情報フォーマット(GTFSリアルタイム)ガイドライン(初版) (2019年3月27日)
 ・静的バス情報フォーマット(GTFS-JP)仕様書(第2版) (2019年3月27日)
 ・バス情報配信方法ガイドライン (2019年3月27日)

○平成30年度 バス情報の静的・動的データ利活用検討会

 

お問い合わせ先

国土交通省総合政策局公共交通政策部交通計画課
電話 :03-5253-8111(内線54-707)

ページの先頭に戻る