航空

航空機の安全情報について

 
 このページでは、航空機の安全の確保及び安全性向上に有益な情報をご覧いただけます。
 
 
耐空性改善通報

○ 耐空性改善通報(TCD)は、航空機およびその装備品などの安全性および環境適合性
 を確保するために整備または改造作業などの作業が必要であると認めたときに、航空
 機の所有者に対して発行されます。
 
耐空性改善通報は、適用航空機の所有者(所有者から依頼があった場合には使用者ま
 たは整備担当者)に対して配布いたしますが、緊急のものを除き郵送により配布するた
 め、所有者の手元に届くまでに、発行日から1週間程度かかります。

 

 平成22年度からの発行状況については、航空安全情報管理・提供システムをご覧下さい。

 (平成21年3月23日以降の耐空性改善通報について、本文データの参照が可能です。)

 

    平成21年度 平成20年度 平成19年度 平成18年度
    平成17年度 平成16年度 平成15年度 平成14年度

 

○読み替え方式のTCDに基づく作業の実施方法については、以下のマニュアルをご参照ください。

         TCD読み替え方式 -解釈の手引き-
 

 
航空機故障情報

○航空機、発動機、プロペラ、装備品、部品、救急用具等に係る故障情報を掲載しています。

 詳細については、 航空安全情報管理・提供システムをご覧ください。

 
航空安全情報

○航空安全の促進のため、航空機の安全に係る事例紹介、注意喚起、安全啓発、推奨事項を
 掲載しています。

<航空局からの安全情報> (令和 元 年8月更新) 
 航空機安全課
 国空機868号
  2019/10/1
表題  不適合品に係る情報提供について
概要   三菱電線工業(株)が製造販売するO リング等の標準部品について、各航空機
 使用者及び整備修理会社に対して不適合品が納入された事案が発生したため、
 航空局から個々での処置を求めることを目的に平成30 年1 月12 日に広く情報提
 供を行った。
  その情報提供の際に、「同社の是正処置完了後、是正処置の適切性の確認を
 行った上で、再度情報提供を行う予定である。」とされていた。
  今般、航空局において、出荷された不適合品に対する対応状況及び本事案に
 対する再発防止策の実施状況について、令和元年9 月の立入検査により確認を
 行ったため、改めて情報提供を行うものである。(詳細はこちら
 航空機安全課
 国空機866号
 2019/9/25
表題  ELTのG-Switchの不具合について(続報)
概要  <本件は、下欄(国空機第843号、2018年10月25日付)の注意喚起に関連するも
 のである。下欄の注意喚起も併せてご確認ください。>

 平成29年3月に発生したベル式412EP型の墜落事故において、G-Switchの劣化
 により、装備していたELTが作動していなかった可能性が、運輸安全委員会の事
 故調査報告書において指摘されている。
 FAAは、本事案に関連し、ARC社製(旧ARTEX社)のELTについて、SAIB
 (Special Airworthiness Information Bulletin)を発行し、G-Switchの劣化によりELT
 が適切に作動しない不具合について、注意喚起している。

 FAAは以下の事項の実施を推奨。
 ・ELTに適用されるマニュアル等に常に従うこと。
 ・G-Switchの繰り返し点検を含む、定期的な検査間隔と指示に注意すること。
 ・ヘリコプターの尾部などの振動の激しい環境に搭載されていて、5年以上使用さ
 れている場合はG-Switchを交換すること。
 (詳細はこちら。当該FAA SAIBのリンクです。)
航空機安全課
国空機410号
2019/7/9
表題   TCCAのウェブサイトに係る補足情報の発信について
概要  現在サーキュラーNo.1-001「航空機及び装備品等の検査に関する一般方針(平
 成12年2月1日制定)」において、加国TCCAにより認定を受けている装備品修理
 改造認定事業場であって、航空局の特別要件を満たしたと承認された者及びそ
 の承認日はTCCAのウェブサイト上を確認するものと規定されているが、TCCA
 のウェブサイトの情報のみでは一部不足している情報があるので、補足情報を航
 空局から発信するもの。 (詳細はこちら
 航空機安全課
 国空機1501号
 運航安全課
 国空航2552号
 2019/3/1
表題  GPS 週数ロールオーバーに関する注意喚起について
概要  現在一般に広く利用されているGPSの時刻体系は、週番号と秒数で表現されて
 いるところ、週番号が1024週目にゼロに戻る「GPS週数ロールオーバー」が平成
 31年4月6日から7日にかけて発生し、GPSの日付情報がリセットされてしまう可能
 性がある。運航者又は操縦者は、航法に用いようとするGPSへのGPS週数ロー
 ルオーバーによる影響の有無を当該GPSの製造者に確認し、対応が必要となる
 場合には、取るべき措置について製造者からの指示に従うことを喚起する。
 なお、航空情報サーキュラー(AIC)による本件周知も行う予定である。
 (詳細はこちら。ICAOの関連EBが開きます。)
 航空機安全課
 国空機843号
 2018/10/25
表題  ELTのG-Switchの不具合について
概要  平成29年3月に発生したベル式412EP型の墜落事故において、装備していた
 ELTが作動していなかったことが、運輸安全委員会の事故調査報告書において
 明らかとなった。ELTのG-Switchの不作動が原因と考えられる。
 ELTの製造者は改良型のG-Switchの交換を推奨しており情報提供を行うもの。
 あわせて製造者の指示に従い、取付け、運用及び点検を行うよう注意喚起する
 もの。(詳細はこちら


<外国当局等の安全情報> (令和2年6月更新) 
  FAA/EASA
  SAIB NE-20-04
  /SIB 2020-04
  2020/03/25
  2929/03/20
概要  Kethon FP 1.5 BioCideなどいくつかの燃料殺菌用添加剤を使用した場合   、
   溶解しきらなかった添加剤が燃料経路に残留することで発動機の出力低下に
   至る不具合を防止するもの。
 EASA
 SIB 2020-04
 2020/3/16
概要   一部のリチウム一次電池を電源にしたELTにおいて、当該電池が熱暴走を
  起こし発煙や発火に至る可能性があるため、装備に対し追加要件を満足する
  よう設計変更を求めるもの。
   FAA
   SW-19-06
   2019/05/02
概要  Goodrich社製Rescue Hoistが装備された機体に対し、Goodrich SIL-2018-03、-04
 または-06に従った点検を要求するもの。
 CASA
 2019-05
 2019/9/9
表題  OWNERS, OPERATORS AND MAINTAINERS OF BELL MODEL 206L
 SERIES HELICOPTERS
概要  ベル206L系列型について、Fuselage Station 145 上部のFuselage Frame/
 Bulkhead エリアに亀裂が発生する可能性について注意喚起するもの。
 EASA
 2019-10
 2019/8/22
表題  Power Turbine Over-Speed Protection on ARRIEL 2D Engines
概要  ARRIEL 2Dエンジンを装備したAS 350 B3及びEC 130 T2を対象に、Electronic
 over-speed protection機能の実現を目的として、SBによるFADECソフトウェア変更
 等の改修を推奨するもの。
 FAA
  SW-17-23R2
  2019/7/15
表題  Fuel System
概要  AS350系列及びEC130B4の使用者等に対して、墜落時の燃料タンクの耐衝撃性
 の向上や引火性を低減し、Post-crash fireの可能性を減少させるためにSTCによ
 る改修の実施を推奨するもの。
 FAA
  CE-19-14
  2019/7/2
表題  Navigation:Flight Management Computing Software
概要  Rockwell Collins社製の一部の Pro Line Fusion Flight Management Systems
  (FMS)が、Departure、Standard Terminal Arrival Routes (STAR)又はApproachに
  おいて “DELETE”によりWaypointの削除を行った際に、所定の条件が揃うと180
  度を超えるLongest turnの指示が行われる可能性について情報提供するもの。
 FAA
  CE-19-13
  2019/7/2
表題  Flight Controls; Cable Terminals Used on 14 CFR Part 23 and CAR Part 3
  Airplanes with Mechanical Flight Control Cables
概要  機械式フライトコントロールケーブルを装備する航空機について、ターンバックル
  に取り付けられている全てのケーブル端子金具の腐食やひび割れを検査するこ
 と、また、フィッティングに腐食、点食、ひび割れの兆候が見られる場合は、関連
 するフィッティングやケーブルアセンブリを交換すること等を推奨するもの。
 FAA
 CE-19-12
 2019/6/18
表題  Equipment/Furnishings: Emergency Locator Beacon, G-Switch
概要  ACR Electronics, Inc.(ACR)製のEmergency Locator Transmitters (ELT)
 G406-4、C406-1、C406-1HM、C406-2、C406-2HM、C406-N等を装備した航空
 機の使用者等に対し、衝撃を感知するGスイッチの劣化によりELTが適切に作動
 しない不具合について注意喚起するもの。
 EASA
 2019-09
 2019/6/17
表題  Emergency Locator Transmitters and Personal Locator Beacon
 - Annual  Testing
概要  Automatic Fixed (AF) 又はAutomatic Portable (AP)タイプのELTの使用者及びそ
 れらのELTを装備する航空機のTC・STC保有者、また、Personal Locator Beacon
 (PLB)を航空機に装備している使用者等に対し、1年ごとの定期点検の必要性に
 ついて周知するもの。
 FAA
 SAFO
 2019/5/15
表題  Improper Overhaul and Repair of McCauley Constant Speed Propellers by
 Sensenich Propeller Services, Inc., North Windham, Connecticut.
概要  Sensenich Propeller Services, Incにおいて、McCauley Constant Speed Propeller
 のオーバーホールが設計者のICAに従わずに実施されていたことから、当該プロ
 ペラを保有する使用者等に対して、整備記録やプロペラ・ログ、FAA Form
 8130-3等から該当の有無を調べ、部品の隔離や作業内容の確認等、必要な対
 応を行うことを推奨するもの。
 詳細は以下のリンクからご覧下さい。      
                                                                                                            
 
○安全情報サイトへのリンク
 
<米国FAA>
Special Airworthiness Information Bulletin (SAIB)
Unapproved Parts Notifications (UPN)
Safety Alerts for Operators (SAFOs)
 
<欧州EASA>
Safety Information Bulletin (SIB)
 
<カナダTCCA>
Civil Aviation Safety Alert (CASA)
 
<ブラジルANAC>
Boletim Especial de Aeronavegabilidade (Special Airworthiness Bulletin)
 
<豪州CASA>
Airworthiness Bulletin (AWB)


 ※免責事項
  本サイトで提供している安全情報の責任は発行国当局にあります。外国当局の安全情報については、
  原文を元に細心の注意を払って作成しておりますが、その内容の正確性を保証するものではないため、
  正確な内容については原文を参照していただくようお願いします。当サイトに掲載された情報の利用に
  より生じたいかなる損害に対して、航空局は一切責任を負わないものとします。

ページの先頭に戻る