物流

物流分野におけるドローンの活用

 過疎地域等における輸配送の効率を向上等させることによる物流網の維持を図るとともに、買い物における不便を解消する等生活の利便を抜本的に改善させ、併せて運輸部門の温室効果ガスを削減するため、災害時も含めた新たな物流手段として無人航空機の導入等を支援する「過疎地域等における無人航空機を活用した物流実用化事業」の公募が開始されました。

〇令和3年度 過疎地域等における無人航空機を活用した物流実用化事業

※公募は終了いたしました。追加の情報は当ページよりお知らせいたします。

公募の詳細については、一般財団法人環境優良車普及機構のホームページをご覧ください。
http://www.levo.or.jp/fukyu/butsuryu/index21.html
 

過去の会議について

 物流分科会

 物流用ドローンポート連絡会

過去の調査事業について

〇平成30年度CO2排出量削減に資する過疎地域等における無人航空機を使用した配送実用化推進調査

 国土交通省では、山間部等の過疎地域等において積載率の低い非効率な輸送が行われている等といった
物流の課題解決に向け、ドローン物流(※)のCO2 排出量削減効果及び費用対効果等について検証しました。
※ドローン物流:無人航空機を活用した荷物配送

本実証事業の詳細は、下記の国土交通省ホームページをご確認下さい。
http://www.mlit.go.jp/seisakutokatsu/freight/seisakutokatsu_freight_tk1_20180628kobo.html

本実証事業における報告書については下記よりご確認下さい。
平成30年度 CO₂排出量削減に資する過疎地域等における無人航空機を使用した配送実用化推進調査報告書


〇平成27年度物流における無人航空機の活用に係る調査実施等業務 

2018年度に小型無人機による荷物配送事業の早期実現を図るため、各種文献調査をはじめ、貨物輸送実験や地方公共団体・住民等へのアンケート調査を通じた課題の抽出等を行うとともに、事業化が期待される過疎地での検証等を通じ調査を行い、報告書をとりまとめました。

 報告書

お問い合わせ先

国土交通省総合政策局物流政策課吉井、齋藤
電話 :03-5253-8111(内線53-344、53-324)
直通 :03-5253-8799
ファックス :03-5253-1559

ページの先頭に戻る