物流

物流生産性向上の推進

トラックドライバーの不足や輸送の多頻度化・小口化等の課題を解決するため、物流事業者や荷主等の連携による物量の平準化、荷姿やデータ仕様の標準化等により、積載効率の向上や事業者間連携の円滑化等を図り、物流の生産性向上を推進する。

荷主、物流事業者などの事業者間の連携・協働の取り組み

平成30年度 物流の生産性向上に資する標準化方策等検討業務

 我が国の物流は、トラックドライバー等の労働力不足が深刻化する一方で、宅配便取扱量が急増するなど消費者のライフスタイルの変化に応じて、輸送の多頻度化・小口化が進展する等し、従来の物流システムでは様々な非効率が発生している。
 非効率の解消に当たっては、関係者が各々単体としての最適化を図る行動を取るだけでは、非効率性が他の関係者に移転される等のひずみが残ることとなり、全体の視点での最適な物流システムとはならないため、関係者全員が相互に理解しつつ連携することが必要である。
 こうした課題に対応していくため、「総合物流施策大綱(2017年度~2020年度)」(平成29年7月28日閣議決定)では、データ・システム仕様及びパレット使用等のユニットロードの標準化等を促進することで、荷主、物流事業者等の事業者間の連携・協働を円滑化するための環境を整備し、効率化を図ることとされている。
 効率化を図ることで、社会構造の変化やニーズの変化に的確に対応し、我が国の経済活動と国民生活を支える物流がその機能を十分に発揮していくため、本業務は、荷主、物流事業者等の事業者間におけるデータ・システム仕様及びパレット使用等のユニットロードの標準化のための実態調査を実施し、事業者間の連携を阻害している課題やそれを緩和するための効果的な方策について検討を行いました。
 ○平成30年度物流の生産性向上に資する標準化方策等検討業務報告書
 ○標準化による物流の生産性向上事例集
 




●関係者の連携・協働による物流の生産性向上に資するシンポジウム~明日を切り拓く物流標準化の取組~
□講演者資料
 ○企業連携による生産性向上に向けた取組(流通経済大学教授 矢野 裕児) 
 ○物流の生産性向上を目指して(国土交通省総合政策局物流政策課長 山田 輝希)
 ○物流の標準化調査概要((株)日本アプライドリサーチ研究所代表取締役社長 大野 幸雄)
 ○家庭紙メーカー4社が物流効率化を目標に新型パレットを共同開発し物流インフラ整備に取組む(ユーピーアール(株)常務取締役 大矢 隆司)
 ○EDIシステムによる流通取引情報の標準化((株)プラネット執行役員ネットワーク推進担当役員 上原 英智)
 ○PB(プライベートブランド商品の3つの効率化の取り組みについて((株)シジシージャパン執行役員物流事業部事業部長 永田 孝司)
 ○リードタイムの工夫によるASNを活用した検品レス(キユーピー(株)執行役員ロジスティクス本部本部長 藤田 正美)
 

令和元年度 物流の標準化に向けた取り組み

 「物流事業者の人手不足に対して、個社の垣根を越えた共同物流を推進するため、伝票や外装、データ仕様等の標準化を図るための協議会を2019年度中に立ち上げ、アクションプランを策定する」(成長戦略フォローアップ(令和元年6月21日閣議決定)(抄))に基づき物流の標準化に向けた官民アクションプランを策定します。

●第1回加工食品分野における物流標準化研究会
 □ 議事次第
 □ 構成員名簿
 □ 資料1 開催要領
 □ 資料2 物流を取り巻く現状
 □ 資料3 味の素株式会社発表資料
 □ 資料4 公益社団法人日本包装技術協会発表資料 
 □ 資料5 大塚倉庫株式会社発表資料
 □ 資料6 一般財団法人流通システム開発センター資料
 □ 資料7 キユーピー株式会社資料

スワップボディコンテナ車両利活用促進

荷役作業を効率化するスワップボディコンテナ車両について、全国的な普及を促進するため、関係者間で技術面・運用面での調整を行う官民の検討会で検討を行い、平成31年3月にガイドラインを取りまとめました。

・スワップボディコンテナ車両利活用促進に向けたガイドライン
・スワップボディコンテナ車両利活用促進に向けたガイドライン(概要)
・ニーズ調査にご協力ください(調査期間:平成31年3月28日(木)~同年4月30日(火))

スワップボディコンテナ車両利活用促進に向けた検討会

物流を考慮した建築物の設計・運用

これまで、商業施設等の建築物の計画にあたっては、人の移動の観点での検討が中心となり、屋内駐車場へトラックが入れない、荷役に利用できるエレベーターが不足するなど、円滑な物流の確保の観点から設計・運用を行うことが、必ずしも意識されてきませんでした。

建築物へのスムーズな貨物の搬入や屋内移動の確保等を図るとともに、交通や環境へ与える影響を抑制し、良好な景観形成などまちづくりとの調和等の効果を期待し、今後の取組に向けたヒントとして、物流を考慮した建築物の設計・運用の手引きを策定しました。

物流を考慮した建築物の設計・運用について~大規模建築物に係る物流の円滑化の手引き~[概要]
物流を考慮した建築物の設計・運用について~大規模建築物に係る物流の円滑化の手引き~
物流を考慮した建築物の設計・運用検討会

物流事業者におけるKPI導入のあり方に関する検討会

物流事業者におけるKPI導入のあり方に関する検討会について

お問い合わせ先

国土交通省総合政策局 物流政策課 物流効率化推進室東、和田、丸山
電話 :03-5253-8111(内線53-324)

ページの先頭に戻る