物流

国際物流

海外での物流については、物流関連業の参入規制や通関手続、物流インフラ等の観点から、
様々な課題が存在しています。
国土交通省では、我が国物流事業者の事業環境の改善等を通じて、我が国産業のサプライ
チェーンのシームレス化、高付加価値化を実現するため、以下の通り、様々な取組を実施して
います。

(1)二国間・多国間での連携
   [1]日中韓物流大臣会合日中・日韓運輸ハイレベル協議
     中国、韓国との間では、日中韓三国の連携強化が東アジアの発展に寄与するとの考えから、
         2006年以降、2年毎に日中韓物流大臣会合を開催し、12の行動計画に基づく物流分野の
         連携強化を図っています。
         また、両国との二国間での連携については、運輸ハイレベル協議の場を通じて、取り組んで
         おります。
   [2]日ASEAN交通連携
     今後ますます発展が見込まれるASEANとの間では、「日ASEAN交通連携」の枠組みを活用
     し、連携強化を図っております。
   [3]シベリア鉄道の利用促進
     日露運輸作業部会等、日露間の対話を通じ、日本の事業者によるシベリア鉄道の利用促進
     に取り組んでおります。

(2)先駆的な取組みの支援
   物流パイロット事業において、現地実証実験により課題を抽出し、解決を図ることで、官民連携
   で我が国物流システムの海外展開を支援しております。

(3)現地人材育成事業
   我が国物流事業者の求める質の高い物流サービスが提供できるよう、現地での人材育成を
   実施しております。

(4)物流関連インフラの整備
   交通事業・都市開発事業の海外市場への我が国事業者の参入促進を図るため、2014年に
   設立された株式会社海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)を通じ、物流関連インフラの
   整備支援に取り組んでおります。

(5)物流システム等の標準化
   日系物流事業者の質の高いコールドチェーン物流サービスを国際標準化し、アジア等において
   普及させること等を通じて、海外展開を支援しております。
 

ページの先頭に戻る