総合政策

主要な会議

社会資本の老朽化対策会議

    • 設置趣旨
    •  我が国社会資本の老朽化が進む中で、「国民の命を守る」観点から、社会資本の戦略的な維持管理・更新を推進することが必要である。
    •  このため、必要な施策について検討し、着実に実施していくことを目的として、国土交通大臣を議長とする「社会資本の老朽化対策会議」を設置する。
    • 開催状況・配付資料
    • ・平成25年1月21日 資料
    • ・平成25年3月21日 資料
    • ・平成25年6月11日 資料1資料2資料3資料4
    • ・平成26年5月21日 資料1資料2資料3資料4資料4(別紙2)

インフラ老朽化対策の推進に関する関係省庁連絡会議

    • 設置趣旨
    •  インフラの老朽化対策に関し、関係府省庁が情報交換及び意見交換を行い、連携を図るとともに、必要な施策を検討・推進するため、インフラ老朽化対策の推進に関する関係省庁連絡会議を設置する。
    • 開催状況・配付資料
    • 内閣官房HP「インフラ老朽化対策の推進に関する関係省庁連絡会議」(最終開催日:平成26年12月3日(第3回連絡会議)、平成27年8月28日(第2回幹事会))

社会資本整備審議会・交通政策審議会術分科会技術部会
社会資本メンテナンス戦略小委員会

    • 設置趣旨
    •  我が国では、高度経済成長期に集中的に整備された社会資本が、今後急速に老朽化することが見込まれている。このような中、今後の維持管理・更新のあり方について技術的な観点から検討する必要がある。
    •  このため、社会資本整備審議会及び交通政策審議会技術分科会の技術部会の下に、社会資本メンテナンス戦略小委員会を設置する。
    • 開催状況・配付資料
    • 社会資本整備審議会・交通政策審議会技術分科会技術部会 「メンテナンス戦略小委員会」(最終開催日:平成27年1月15日(第2期第9回))

社会インフラのモニタリング技術活用推進検討委員会

次世代社会インフラ用ロボット開発・導入検討会

    • 設置趣旨
    •  社会インフラの現場ニーズに基づき、国内外の異分野も含めた産学の技術シーズを踏まえ、「維持管理・災害対応(調査)・災害対応(施工)」の3つの重要な 場面におけるロボットについて、その開発・導入分野を明確化するなど実用化に向けた方策を検討することを目的に「次世代社会インフラ用ロボット開発・導入 検討会」を設置する。
    • 開催状況・配付資料
    • 次世代社会インフラ用ロボット開発・導入検討会(最終開催日:平成27年3月19日(第7回))

次世代社会インフラ用ロボット現場検証委員会

関連する会議等

■道路

■河川 ■海岸 ■下水道 ■港湾 ■空港 ■鉄道

ページの先頭に戻る