建設産業・不動産業

賃貸住宅管理業法 法律、政省令、解釈・運用の考え方、ガイドラインについて

賃貸住宅管理業法関係

1.賃貸住宅管理業法
  賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律の概要等(令和二年三月六日閣議決定)
  賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律(令和二年六月十九日法律第六十号)

2.賃貸住宅管理業法施行令(施行期日)
  賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律の一部の施行期日を定める政令(令和二年十月十六日政令第三百十二号)

3.賃貸住宅管理業法施行令
  賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律施行令(令和二年十月十六日政令第三百十三号)

4.賃貸住宅管理業法施行規則
  賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律施行規則(令和二年十月十六日国土交通省令第八十三号)

5.賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律の解釈・運用の考え方
  特定賃貸借契約 重要事項説明書(別添1様式)【PDF版】 【Word版】
  業務状況調書(別添2様式)【PDF版】 【Word版】
  申出書(別添3様式)         【PDF版】 【Word版】

  ※特定賃貸借契約に係る重要事項説明書の記載例はガイドラインに記載

サブリース事業に係る適正な業務のためのガイドライン

本年6月、賃貸住宅管理業について、登録制度の創設とその業務の適正な実施のため必要な規制を設けるとともに、サブリース事業について、契約の適正化のため必要な規制を設けた「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」(サブリース新法)が公布されました。
本法律のうち、サブリース事業に関する措置について、「賃貸住宅管理業法の施行に向けた検討会」における議論を踏まえ、具体的な規制の対象を事例等で明示した「サブリース事業に係る適正な業務のためのガイドライン」を策定しました。

<主な内容>

・不当勧誘等の禁止の対象となる「勧誘者」となり得る者を明確化
・「家賃保証」等の誤認を生じやすい文言を広告に使用する場合の表示方法
・契約の締結前にオーナーに対し、契約条件に関わらず説明しなければならない事項 等

ガイドラインのポイント
サブリース事業に係る適正な業務のためのガイドライン
◆特定賃貸借契約 重要事項説明書記載例 【PDF版】 【Word版】




 

ページの先頭に戻る