宅地防災

宅地耐震化推進事業

 過去の大地震等においては大規模盛土造成地の崩壊により、住宅が流出するなどの被害が出ていますが、このように大地震が発生した場合に大きな被害が生ずるおそれのある大規模盛土造成地は全国に数多く存在します。また、平成23年3月11日に発生した東日本大震災においては、宅地において液状化による甚大な被害が発生しました。このような宅地における被害を軽減するため、住民への情報提供等を図るとともに対策工事等に要する費用を補助します。

〇大規模盛土造成地の変動予測調査等
 大地震時が発生した場合に、大きな被害が生ずるおそれのある大規模盛土造成地において、変動予測調査等(大規模盛土造成地マップの見直しや宅地液状化マップ作成、及び宅地擁壁等の危険度調査、応急対策工事等)に要する費用の一部を補助します。
  【事業主体】   地方公共団体、宅地所有者(間接補助)等
  【交付率】     1/3、1/2 (H30補正で措置、2020年度まで)
  【交付対象】        ・大規模盛土造成地及び宅地の液状化による変動予測調査
                  ・宅地擁壁等の危険度調査 
                  ・宅地擁壁等の応急対策工事

  大規模盛土造成地の滑動崩落防止対策についてはこちら
  宅地の液状化防止対策についてはこちら
 

  ~変動予測調査の例~
                                   ボーリング調査                       安定計算
       



〇大規模盛土造成地滑動崩落防止事業
 大地震時に、一定の要件を満たす大規模盛土造成地が滑動崩落することを防止するために行われる事業に要する費用の一部を補助します。
 
 【事業要件】以下の(1)~(3)すべてに該当する区域
                    (1)以下のいずれかに該当する区域
                         [1] 宅地造成等規制法第20条の規定に基づき指定された造成宅地防災区域
                         [2] 宅地造成等規制法第3条の規定に基づき指定された宅地造成工事規制区域内
                               で同法第16条の規定に基づく勧告がなされた区域
                    (2)以下のいずれかに該当するもの
                         [1] 盛土部分の面積が3,000㎡以上であり、盛土上に10戸以上の家屋が存在するもの
                         [2] 盛土をする前の地盤面の勾配が20度以上であり、盛土の高さが5m以上であり、盛土上に5戸以上の家屋が存在するもの
                    (3)当該盛土の滑動崩落により、以下のいずれかの施設に被害が発生するおそれのあるもの
                         [1] 道路(高速自動車国道、一般国道、都道府県道)、河川、鉄道
                         [2] 地域防災計画に記載されている避難地又は避難路

   【事業主体】  地方公共団体

   【補助率】     1/4
       ※R2年度までに大規模盛土造成地マップが公表されている地域・区域であること等、一定の要件に該当する場合は/
       ※熊本地震および北海道胆振東部地震の被災宅地の復旧は/
       ※実施主体が地方公共団体である優先すべき事前対策で、以下[1]~[3]のいずれかに該当する場合は/2
                        [1]立地適正化計画において宅地の防災対策が定められる場合
                        [2]滑動崩落により人家10戸(避難路を有する場合は5戸)以上へ流出する場合
                        [3]震度5弱相当で滑動崩落する場合
                      
   【交付対象】  大規模盛土造成地の滑動崩落防止工事に要する設計費及び工事費
 
 ~大規模盛土造成地の滑動崩落防止工事のイメージ~
 



〇宅地液状化防止事業
 【事業要件】以下の(1)~(4)すべてに該当する区域
        (1)当該宅地の液状化により、公共施設(道路、公園、下水道、河川、水路その他公共の用に供する施設をいう。)
                          に被害が発生するおそれのあるもの
        (2)変動予測調査等により、液状化による顕著な被害の可能性が高いと判定された3,000㎡以上の一団の土地の
                          区域であり、かつ、区域内の家屋が10戸以上であるもの
        (3)宅地液状化防止事業計画の区域内の宅地について所有権を有する全ての者及び借地権を有する全ての者の
                          それぞれ3分の2以上の同意が得られているもの
        (4)公共施設と宅地との一体的な液状化対策が行われていると認められるもの

   【事業主体】 地方公共団体

   【補助率】     1/4
       ※熊本地震および北海道胆振東部地震の被災宅地の復旧は/
       ※実施主体が地方公共団体である優先すべき事前対策で、立地適正化計画において宅地の防災対策が定められる場合は/2

  【交付対象】  液状化防止工事に要する設計費及び工事費
         
~液状化防止工事のイメージ~
  

ページの先頭に戻る