住宅

サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)について

*「提案募集に関するQ&A《平成29年6月22日追加分》」を追加しました。

事業概要

本事業は、IoT技術等の活用による住宅の市場価値及び居住・生産環境の向上等に係る先導的な技術の普及啓発を図るため、予算の範囲内において、住宅等のリーディングプロジェクトの整備費等の一部を支援するものです。

1.主な事業要件
  1)IoT技術等を活用した住宅等であること
  2)一定の省エネ性能等を満たすものであること
  3)平成29年度に事業着手するもの
  4)「IoT技術等を活用した次世代住宅懇談会とりまとめ」を踏まえたものであること

2.補助対象費用
  1)調査設計計画費(IoT技術等を活用した設計に係るシミュレーション費用など)
  2)建設工事費(先導的なIoT技術等の導入に係る費用等)
  3)マネジメントシステムの整備費用
  4)効果の検証等に要する費用 等

3.補助率・補助限度額
  補  助  率:補助対象費用の1/2
  補助限度額:
     (共同住宅)総事業費の5%又は10億円のいずれか少ない金額
     (戸建住宅)300万円/戸

4.応募期間
  平成29年6月19日(月) ~ 7月28日(金)

5.応募方法
  応募期間内に、提案書を郵送により提出(消印有効)
  
6.選定方法
  応募提案については、学識経験者等からなる「サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)評価委員会」による評価結果を踏まえ、国土交通省が採択事業を決定します。

7.今後の予定
  9月上旬を目処に採択事業を公表する予定です。


 

  • 10月は住生活月間
  • サービス付き高齢者向け住宅情報提供システム

ページの先頭に戻る