uc22-045

景観まちづくりDX

実施事業者株式会社シナスタジア
実施場所愛媛県松山市
実施期間-
Share


都市の景観と開発を調和させるための検討支援ツールをゲームエンジンを用いて開発。全国の景観まちづくりDXを推進する。

実証実験の概要

都市の景観と開発を調和させる「景観まちづくり」を進めるためには、行政、デベロッパー、住民など関係者が都市の将来像についての議論を深め、イメージを共有することが重要である。このため、従来はイメージパースやCG、動画などが作成され、近年は3DモデルをベースとしたVR空間の作成なども行われているが、わかりやすさや製作コストなどに課題があった。

今回の実証実験では、3D都市モデルを活用し、景観計画や開発計画をVR空間で容易に再現可能なツール開発。景観計画策定の支援や景観協議の円滑化を目指す。

実現したい価値・目指す世界

景観まちづくりとは、良好な景観の保全・形成を目指し、地方公共団体による景観計画等の策定による開発コントロールと、これに準拠した開発事業者による開発行為によって形成される。

従来、地方公共団体は、保全・形成すべき区域や基準(建築物の形態意匠、高さ、色彩など)を定めた景観計画を都市にどのように導入すべきかを2D図面をベースとして検討していたが、施策効果をイメージしづらく、関係者との合意形成に課題があった。また、開発行為を行おうとする開発事業者は、イラストのパースなどを利用して景観計画との整合性を地方公共団体や住民などに説明するプロセスを行ってきたが、実際の建築物が周辺環境に与える影響の把握などに課題があった。近年は3DCGを利用したVR空間や動画の製作なども行われているが、「一品もの」になりがちであり、コストが高いため普及していない。

今回の実証実験では、愛媛県松山市を実証地として、ゲームエンジンをベースにオープンデータである3D都市モデルを用いた景観計画の立案や開発計画の説明等を支援するツールをOSSとして開発する。地方公共団体は、高さ制限や色彩制限、眺望規制等の効果や影響範囲、他の規制エリアとの関係等を三次元的に把握したり、VR空間を用いて景観計画を検討・説明することが可能となる。また、デベロッパー等の開発事業者も、このツールを用いることで、開発予定の建築物を都市に配置し、周辺景観との調和を確認することが可能となる。これにより、解像度の高い景観計画の検討や景観協議の円滑化を実現し、景観まちづくりのDXを目指す。

対象エリアの地図(2D)
対象エリアの地図(3D)